納骨とは遺骨をお墓に納めること~納骨の流れや時期を解説~

スポンサーリンク

火葬が終わり、引き取った遺骨をお墓に納めることを「納骨」といいます。

現在では、納骨先として一般のお墓や納骨堂など数種類の選択肢があります。

  • 「一般のお墓に納骨するにはどうしたらいいの?」
  • 「お墓への納骨以外にどのような方法がある?」
  • 「納骨式ってどのような流れで行うの?費用は?」

「納骨とは何か」だけではなく、納骨に関する費用や手配などをまとめて紹介します。

納骨の意味が解り、納骨先の種類やどのように手配をしたら良いかがわかります。 ぜひ、最後まで読んでいただき、納骨という儀式をスムーズに執り行う参考にしてください。

納骨とは「遺骨をお墓に納める」こと

納骨とは、火葬した後の遺骨を、お墓や納骨堂の中に納めることをいいます。

しっかりと納骨をしたい場合には、納骨式を行います。 納骨式とは、新しくお墓に入る故人のために、お坊さんにお経をあげてもらう儀式のことです。

ただ最近では、納骨式を行わないシンプルな納骨を行う人もいます。また、樹木葬や散骨など、一般的なお墓へ納骨する以外の選択をする人も増えているといわれます。

この章では、「そもそも納骨とは?」を説明したうえで、 納骨式の流れや時期、納骨のさまざまな手段についてお伝えします。

納骨の歴史と意味

納骨の歴史は、全国的にはあまり長くありません。 昔から火葬が盛んな関西や北陸をのぞけば、近代的な火葬場が設置される戦後までは、土葬が圧倒的多数派だったためです。

納骨を「故人をお墓に納めること」と位置付ければ、 土葬に当てはめると、土葬を行うことそのものが、納骨にあたるといえます。

土葬時代、棺を先頭に列をなしてお墓まで行き、棺をお墓に納めることは、 「お葬式」の中心と言ってもよいほど大切な意味がありました。

お坊さんにお経をあげてもらう儀式も大事ではありますが、 最終的に棺を埋葬し、お墓でお祈りを捧げることまでが「お葬式」と呼ばれていたのです。

よって、土葬になぞらえれば、納骨は「お葬式」の最後の仕上げという意味を持ちます。

納骨をせず、骨壺をずっと家に置いておくと「いつお墓に入れるの?」と 親族などから催促されることがあります。

これは、親族のうちに「納骨していない=お葬式の仕上げをしていない」という感覚があるためです。

遺された家族にとって大切な節目

 

納骨は、遺された家族にとって、故人を終の棲家に連れていく大切な節目です。

ただ、愛情の深かった夫婦や、子どもに先立たれたケースなどでは、 「ずっと手元に遺骨を置いておきたい」と切望する人も少なくありません。 家で遺骨を供養する方法も、もちろんあります。

しかし、いずれにしろ、最終的にはやはり納骨をしなければなりません。 遺灰を少しだけペンダントに込めるなど、分骨して遺骨の一部を手元に置いておく工夫をする人が増えています。

納骨式の流れ

納骨式の流れは、以下の通りです。

  1. 親族集合
    お墓の前に親族が集まります。
  2. 読経
    お坊さんに、お墓の前でお経をあげてもらいます。
  3. 納骨
    お墓を開け、納骨します
  4. 会食
    参加した親族らは、料亭などへ移動し、会食をします。
    会食後、親族らには引き物を持ち帰ってもらいます。

納骨式と同時に法要を営む場合は、納骨式の前に法要を終わらせます。

納骨の種類

納骨には、一般的なお墓への納骨の他にも種類があります。 納骨堂や樹木葬での納骨、散骨が、その主なものです。 一般的なお墓への納骨も含め、それぞれどのようなものか解説しましょう。

お墓への納骨

一般的なお墓への納骨は、お墓の下部分にある「カロート」と呼ばれる部分を開け、空洞になっているスペースに骨壺を入れます。

「カロート」は、家族が簡単に開けられる場合と、石材業者を呼んで開けてもらう場合とがあります。

また、骨壺ごとカロートに納める地域と、骨壺から遺骨の入った袋を取り出して納める地域とがあります。

納骨堂への納骨

納骨堂とは、ロッカーや小型仏壇など、小さな納骨スペースがたくさん設けられた建物のことです。 納骨堂への納骨は、割り当てられたスペースに骨壺を納めます。

ロッカー式であれば鍵付きロッカーの中へ、仏壇型であれば仏壇の下部へなど、納骨堂の種類によって骨壺を納めるスペースの形状は異なっています。

樹木葬や散骨

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のことです。 樹木葬のコンセプトとして、「冷たい墓石の中ではなく、自然の中で眠りたい」というものがあります。

よって、骨壺から遺骨を取り出して、樹木の下に埋葬するケースがほとんどです。 ただ、まれに、一般的なお墓のようにカロートを設けたものも存在します。散骨は、お墓を作らない供養方法です。 地中への納骨ではなく、海や山に遺骨をまきます。

以上、納骨の意味や歴史、種類についてお伝えしました。

「納骨の種類はわかったけれど、いつ納骨するべきなの?」という疑問がわいた人もいることでしょう。 続いて、納骨にふさわしい時期について説明します。

納骨する時期に決まりはない

納骨をする時期に、厳密な決まりはありません。

しかし、多くの人が納骨を行うタイミングはあります。 そのタイミングは、宗教宗派によって違います。

納骨は 四十九日の法要のタイミングが多い

多くの人が納骨を行うタイミングが、四十九日法要と同じ日です。 法要と同じ日なら親族が集まりやすいためというのもありますが、 四十九日は人の魂が浄土に着く日だとされているため、納骨にふさわしいとされています。

納骨のタイミングとして、次に多いのが、百か日や一周忌です。四十九日ではお墓の完成が間に合わない場合などには、百か日や1周忌とされます。

宗教による納骨する時期の違い

宗教によっても、納骨する時期は若干違います。 先に触れたように、仏式の場合は四十九日、百か日、一周忌といった法要と同時に行いますが、神式では葬儀当日に納骨まで済ますのが一般的です。

なお、キリスト教においては、一か月目の命日に行うケースが大部分を占めます。ただ、明確な決まりはありません。

納骨をする時期について知ると、次は、納骨の費用についても知りたくなりますね。 次章では、納骨費用について解説します。

一般のお墓への納骨費用は平均25万円

一般のお墓に納骨するときの費用相場は、25万円程度です。

内訳は、次のようになります。

  • 墓石や墓誌への彫刻料(5万円)
    墓石や墓誌に、故人の戒名を新たに刻んでもらうための費用です。
  • お布施(5万円)
    納骨式のお布施の相場は5万円程度です。
    僧侶が会食に参加しない場合は御膳料、お墓がお寺から遠い場合は御車代として、それぞれ5千円ほどを包みます。
  • 会食費(10万円)
    親族20名、1人あたり5千円の会食と考えると、会食費は10万円となります。
  • 引き物代(5万円)
    親族10家族、一軒あたり5千円とすると、引き物代は5万円となります。

「遺骨をお墓に納めるだけで、こんなに費用がかかるとは」と思われた人もいるでしょう。

しかし、親族をきちんと呼べば、香典で会食費や引き物代は相殺されます。 では次に、納骨の準備について解説しましょう。

納骨の準備をすすめる

納骨式をするために、しっかり親族を呼ぼうと思うならば、納骨式の40日ほど前から動きはじめましょう。

もしもあなたがお葬式のときに喪主を務めたのであれば、 「とても小さなお葬式を営む」と思うと、スムーズに動きやすいかもしれません。

それでは、納骨式に向けて決めることや準備するものを説明していきましょう。

納骨式に向け決めること

納骨式に向けては、以下のような準備があります。

納骨式の日程と場所を決める(40日前)

僧侶と打ち合わせをし、日取りと場所を決めます。 法要と同時に行う際は、四十九日、百か日の手前の土日を選ぶことが多いでしょう。

法要は自宅やお寺、法要会館など、会食は近くの料亭か、家で仕出し料理を食べるといった選択肢があります。

納骨式のお知らせを出し、出欠をとる(30日前)

日時と場所が決まったら、親族にお知らせ状を出して出欠をとります。 出欠の〆切は、およそ2週間前までとすると、後の段取りがスムーズです。

料理や引き物の内容と数を確定する(7日前まで)

人数が揃ったら、会食と引き物の内容と数を正式に決定します。 法要の会場からお墓、お墓から会食会場までが遠い場合は、どうやって移動するかも決めておきましょう。

タクシーや自家用車への乗り合わせなどで間に合わないくらい数が多いなら、 貸し切りバスなどを利用する必要があります。

このように、納骨式の1週間前までには、会場や料理の手配を済ませられるようにしましょう。

納骨式までに用意するもの

全体的な手配を済ませたら、今度は自分が持参するものや服装についての用意をしなければなりません。 基本的な服装は葬儀のときと同じ、持ち物はお墓参りと同じと覚えておくといいでしょう。

納骨式を行う側である施主の服装と持ち物は次の通りです。

喪服

49日までは、葬儀のときと同じ礼服を着用します。 男性であれば黒スーツに黒ネクタイ、女性は黒いワンピースに黒ジャケット、黒いストッキングが基本です。

なかには、「葬儀のときは着物を着た」という人もいるでしょう。 そのような人は、無理に着物を着ず、お墓参りで快適に行動できる洋装を選んでもかまいません。

49日以降の納骨は、地味な平服で構いません。 ただ、地域の慣習などにより喪服を着用する場合もありますから、年輩の親族などにきちんと確認しましょう。

お布施

施主はお布施を用意します。白黒の水引がかかった香典袋に、表書きを「御布施」とします。 お布施はふくさに包んで持参し、納骨式が終わったタイミングで僧侶に手渡しましょう。

納骨式のお布施の相場は5万円程度です。

数珠

仏式であれば、納骨式に限らず法要の際には必ず数珠を持参します。

埋葬許可証

火葬後に渡された埋葬許可証を持参し、お墓の管理者に手渡します。 「どこに置いたのかを忘れてしまった」という人は、遺骨を納めている箱を開けてみてください。

骨壺と一緒に骨箱へ埋葬許可証を入れてくれる火葬場が多いです。

花一対、お供え物、マッチ、ろうそく、線香、清掃用品、位牌、遺影

お盆やお彼岸に、お墓参りをするための準備品と同じように用意をします。 お花やお供え物は、いつもより少しだけ豪華にしましょう。

また、納骨式までにお墓の清掃を終えておくのが理想的ですが、 できない場合は清掃用品を持参し、早い時間に掃除を済ませておきます。

なお、納骨式には、位牌と遺影も持って行きます。 式の前日、骨壺の周りに全ての持ち物を集めておくと忘れ物を防止できます。

以上、ここまで、納骨式を行う施主の立場で準備についてお伝えしてきました。 「納骨式に呼ばれた場合は、どう振る舞えばいいの?」という人もいることでしょう。

次章では、納骨式の参列者のマナーについて解説します。

参列者の納骨式にまつわるマナー

納骨式に参列する人の持ち物や服装は、一般的な葬儀に参列するときとほぼ同じです。 詳しく解説しましょう。

納骨式に参列時の服装

納骨式に参列する際の服装は、以下のようにしましょう。

案内状に特別な記載がなければ、四十九日までは喪服、四十九日を過ぎたら平服で問題ない

四十九日までは、納骨式の基本的な服装は喪服です。

男性なら黒スーツに黒ネクタイ、女性なら黒いワンピースにジャケット、黒いストッキングとします。 四十九日を過ぎたら、服装は平服でも構いません。

ただ、自分だけが平服では浮いてしまうため、地域や家の風習に従うようにしましょう。

案内状に「平服で」とあれば喪服は避ける

ただし、案内状に「平服にてお願いします」と書かれていることがあります。

そんなときには、男性はダークスーツに黒ではないネクタイ、女性は紺やグレーなど地味な服装にしましょう。

「動きやすい服装で」と指示されたときは足元をスニーカーなどにする

法要と同時に納骨を行わない場合、施主から「当日は動きやすい服装で」と指示されるケースがあります。

整備されていない墓地に分け入っていかなければならないなどの事情があるためです。 男性はワイシャツにチノパン、女性はパンツスタイルにし、足元は多少汚れても差し支えない靴を選びましょう。

施主に気を遣わせず、かつ、くだけすぎない適度なカジュアルスタイルが理想です。

香典の準備

納骨式の参列者は、香典を持参します。

納骨式の香典の相場は、会食付きなら1万円、会食なしでは5千円程度です。

香典袋は白黒の水引がついた香典袋を選びましょう。地域によっては黄白の水引とするところもあります。 表書きは、四十九日までなら、浄土真宗以外は「御霊前」、それ以外は「御仏前」とします。

迷う場合は「御香典」とすれば、どんな場合でも失礼にあたりません。 香典袋は、ふくさに入れて持参します。

まとめ

以上、納骨についてまとめました。 納骨式をするとき、または納骨式に参加するときの助けになれば幸いです。

供養のための儀式にはたくさんの準備がともないますし、気をつけるべきことも多いものです。

しかし、マナーを知っておけば、心にゆとりを持つことができます。 心にゆとりがあれば、より故人を供養することに集中できるでしょう。 準備を万端にして、穏やかな気持ちで納骨式に臨みましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加