真言宗の仏壇の配置、飾り方

真言宗の本山

真言宗の仏壇の配置、飾り方は次のようになります。

真言宗の仏壇の配置解説図

仏壇の中央に本尊である大日如来、向かって右側に宗祖・弘法大師、左側に不動明王像を配置します。
これら三体の仏様は仏像でもお軸でも構いません。

本尊大日如来
脇侍弘法大師空海・不動明王
花瓶生花を生ける為の仏具
燭台蝋燭台
前香炉高貴な香りで清めて、清らかな場所に仏様を迎えます
位牌亡くなられた方の戒名や年月日、俗名や続柄を記す
仏飯器仏前に置いてご飯を盛る
湯のみお茶や白湯を入れる
茶湯台湯のみを乗せる台
お膳仏前に置いて精進料理を供するための仏具
盆・彼岸・法要のときにお供えすることが一般的
高杯菓子・果物などを供える仏具
リン読経の時に打つ仏具
打敷須弥壇や仏前の前卓などに敷き掛ける荘厳具
吊灯籠本尊や仏壇内部を明るくする
線香立線香を差しておくもの
マッチ消マッチの燃えかす入れ
蝋燭消蝋が飛び散らないように蝋燭の炎に被せて火を消す
木魚読経などの調子をとるために使用する仏具
お墓・霊園をお探しの方はこちら
お墓の相談窓口 専門家に無料相談 エリア・条件から 自分に合うお墓を探す