真言宗の仏壇の配置、飾り方

スポンサーリンク
真言宗の本山

真言宗の仏壇の配置、飾り方は次のようになります。

真言宗の仏壇の配置解説図

仏壇の中央に本尊である大日如来、向かって右側に宗祖・弘法大師、左側に不動明王像を配置します。
これら三体の仏様は仏像でもお軸でも構いません。

本尊 大日如来
脇侍 弘法大師空海・不動明王
花瓶 生花を生ける為の仏具
燭台 蝋燭台
前香炉 高貴な香りで清めて、清らかな場所に仏様を迎えます
位牌 亡くなられた方の戒名や年月日、俗名や続柄を記す
仏飯器 仏前に置いてご飯を盛る
湯のみ お茶や白湯を入れる
茶湯台 湯のみを乗せる台
お膳 仏前に置いて精進料理を供するための仏具
盆・彼岸・法要のときにお供えすることが一般的
高杯 菓子・果物などを供える仏具
リン 読経の時に打つ仏具
打敷 須弥壇や仏前の前卓などに敷き掛ける荘厳具
吊灯籠 本尊や仏壇内部を明るくする
線香立 線香を差しておくもの
マッチ消 マッチの燃えかす入れ
蝋燭消 蝋が飛び散らないように蝋燭の炎に被せて火を消す
木魚 読経などの調子をとるために使用する仏具

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索