石材店で買えるのはお墓だけではない!サービスや選び方を紹介

スポンサーリンク

町中で石材店を見かけたことはあっても、入ったことはない。そんな人が多数派でしょう。

石材店で買うものといえばお墓。お墓を買うなんて、そう何度もあることではないからです。

だからこそ、いざお墓を買うときになると「どの石材店に行って、どんなふうに頼めばいいの?」と、慌ててしまいますよね。

  • 「石材店には、お墓を建ててもらうことしかできない?霊園は自力で探すの?」
  • 「霊園指定の石材店を使わなければダメなの?」
  • 「どんな石材店なら、安心してお墓作りを依頼できるの?」

この記事では、以上のような疑問を持つ人のために、霊園や石材店探しのプロセスについて、また安心して依頼できる石材店の探し方についてお伝えします。

お墓作りだけではない、石材店ならではのサービスもご紹介するので、「石材店って、ここまでやってくれるのか!」と、きっと驚きますよ。

石材店とは墓石や庭園用の石材を売るお店

石材店とは、墓石や庭園用の石材を売るお店です。
墓地と墓石を合わせて、お墓そのものを売ってくれるお店もあります。
お客さんは、墓石だけを依頼する場合と、墓地探しから依頼する場合とがあります。

「石材店」と聞くと、「墓石を売っているお店」というイメージが強いかもしれませんが、 実は、家を建てるときにもかなりお世話になるお店です。
敷石や砂利を手配したり、庭石や石灯籠などをつくったりするのは、石材店の仕事です。

ただ、この記事では、庭園関係の石材については触れず
お墓を建てるために石材店を探している人に向けて、石材店の選び方をお伝えしていきます。

石材店を探すなら2つのパターンがある

石材店を探すときには、以下の2つのパターンがあります。

  • 霊園が決まっていない状態で石材店を探す
  • 公営霊園に墓地があり、墓石を立ててくれる石材店を探す

いまは、どちらの段階でしょうか。

「どちらでもなく、公営ではない霊園に、墓地自体は買ってある」という人は、指定石材店制度に注意しなければなりません。

指定石材店制度がある場合には、霊園が指定する石材店に墓石を建ててもらわなければならないためです。
それぞれのケースについて、詳しく説明しましょう。

霊園が決まっていない状態で石材店を探す方法

霊園が決まっていない状態で石材店を探すなら、石材店は墓石を建てるだけでなく、霊園も紹介してくれます。

価格も、墓地の使用料と墓石の購入額を合わせた全体の見積もりを提示してくれます。
「私どもの石材店では、これらの霊園にお墓を建てることができます」と一覧表やパンフレットを渡してくれるでしょう。

一方で、一覧やパンフレットに掲載されていない霊園を紹介してくれるかといえば、それはできません。
民営の霊園には指定石材店制度があり、指定を受けた石材店しか施工することができないためです。

「どうしてもこの石材店が気に入ったけれど、施工できる霊園は自宅から遠いところばかり」と悩む場合は、 公営霊園の墓地を取得してから、気に入った石材店に墓石を建ててもらうことになります。

公営霊園に墓地があり、墓石を建ててくれる石材店を探す方法

公営霊園に墓地を取得している人は、墓石を建ててくれる石材店を自由に選べます。
公営霊園には、指定石材店制度がないためです。

ただ、最近の公営霊園には、すでにプレートが地中に埋め込まれていて、名前を刻むだけで良い洋型墓地や 墓石のいらない集合墓地、樹木葬墓地なども増えてきています。
石材店にはどんなことを頼めばよいのか、自分が契約した公営墓地の形状を確認してみましょう。

民営霊園にすでに墓地があるなら指定石材店制度に注意

寺院墓地や公営ではない霊園など、民営霊園にすでに墓地があるなら、依頼できる石材店は限られているため注意が必要です。
霊園内で指定石材店のリストをもらい、その中から選ぶことになるでしょう。

あるいは、選ぶ墓石のデザインによって施工できる石材店が決まったり、霊園側の采配によって自動的に石材店が決まったりと、さまざまです。

なぜ指定石材店制度があるのか。それは、石材店が霊園の経営に大きくかかわっているためです。
墓地の多くはお寺が経営していますが、その造成にはたいへんなお金がかかります。

ほとんどの民営霊園は、石材店が出資をして造成されますし、管理者として指定を受けるのも、多くが石材店です。

石材店にしてみれば、自分のお店でお墓を建ててもらうことで、出資金を取り戻しているということになります。
よって、指定石材店制度があるのです。

また、寺院墓地の指定石材店制度には、「安心して依頼できる、お寺のなじみの石材店に施工してもらいたい」という意味もこめられています。

以上、石材店を探す2つのパターンと、注意したい指定石材店制度についてご案内しました。
次に、それぞれのパターンで石材店探しをするときのポイントをお伝えします。

霊園探しも含めて石材店を探す場合のポイント

霊園探しも含めて石材店を探す場合は、2つのポイントがあります。それぞれ解説します。

多くの霊園から指定されている石材店なら選択肢が増える

多くの霊園から指定を受けている石材店を選べば、霊園探しの選択肢が増えます。
多くの霊園から指定されているということは、たくさんの出資をしているということにもつながり、 それなりに大きな石材店へ足を運ぶことになります。

なお、たくさんの寺院墓地から指定を受けている石材店は、 お墓に対して厳しい目を持つ僧侶が「ここなら安心」と太鼓判を押した店ということにもつながります。
安心して依頼できる石材店といえるでしょう。

指定を受けている霊園の数や場所は、ほとんどが石材店のHPから閲覧可能です。

公営霊園の情報もくれる石材店が親切

指定を受けている民営霊園だけではなく、公営霊園の情報もくれる石材店が親切です。
公営霊園のほうが、民営霊園よりも墓地の使用料が安い傾向にあります。

「これから霊園探しをするなら、ぜひ公営霊園も選択肢に入れては?」と お客さんの身になって、お墓探しをトータルで支えてくれる石材店を選びましょう。
利用できる公営霊園の場所や価格、応募方法について案内してくれることでしょう。

以上、霊園探しから始める場合の、石材店選びのポイントをお伝えしました。
もちろん、石材店からではなく、気に入った霊園から探すのもありです。
霊園から探した場合には、民営霊園であれば同時に石材店も決まることになります。

次に、公営霊園に墓地があり、石材店だけを探す場合のポントをお伝えします。

公営霊園に墓地があり石材店だけを探す場合のポイント

公営霊園に墓地がある人は、次の3点をポイントに石材店を選びましょう。

  • 霊園から遠すぎないエリアで探す
  • 好みのデザインの墓石を扱っている石材店を探す
  • ブランド証明書や保証書をくれる石材店が信頼できる

それぞれについて、詳しく解説します。

霊園から遠すぎないエリアで探す

石材店は、霊園から遠すぎないエリアで探しましょう。
施工現場の霊園から遠い石材店を選んでしまうと、工期に日数がかかったり、工賃が高くなったりするためです。

また、お墓が損壊したなどの事故があった場合、石材店が遠いと、真っ先に駆けつけるというわけにはいきません。

石材店によっては営業エリアを明確にしているところもあるため、HPを確認したり、問い合わせてみたりしましょう。

好みのデザインの墓石を扱っている石材店を探す

とくに好みのデザインの墓石を扱っている石材店を選びましょう。
公営霊園の醍醐味は、どんな宗派でも、どんなデザインでも、自由にお墓を建てられるということです。
心を打たれるデザインの墓石に出会ったら、どの石材店が建てたのか、霊園の管理者に問い合わせてみるのがいいでしょう。

ブランド証明書や保証書をくれる石材店が信頼できる

墓石のブランドや産出地を証明する書類や、10年単位の品質保証書をくれる石材店を選びましょう。
石の良し悪しは、素人にはわかりづらいものです。

「その石には、確かにその価値がある」ということを、客観的に裏付けてくれるのが、証明書や保証書です。
証明書や保証書を用意してくれる石材店は、不安になりがちなお客さんの心に寄り添ってくれる存在といえるでしょう。

以上、石材店だけを探すときのポイントについてお伝えしました。
ポイントに沿って選べば、信頼できる石材店が見つかりますが、それ以上の安心を提供してくれる石材店もあります。

「墓石のことも大事だけれど、仏壇やお墓参りのことも知っておかないと」と、供養全体に悩む人は、次の章もぜひ参考にしてください。

お墓を建てるだけじゃない、石材店のサービス

石材店は、お墓を建ててくれるだけの存在ではありません。
供養に悩む人が増えつつある現代では、さまざまなサービスを営む石材店が増えています。
サービスの一例を紹介しましょう。

1万円から3万円程度でお墓参り代行をしてくれる

「お墓が遠くて、なかなかお墓参りに行けない」という人のために、お墓参りの代行をしてくれる石材店があります。
内容は、雑草の処理、お墓掃除、お線香を立てる、お墓の写真を撮って現状をメールで知らせてくれるといったものです。

石のプロですから、破損個所があれば速やかに対応してくれます。
また、災害時など、お墓が倒壊していないか見に行ってもらうといったこともでき、便利です。

一平米15万円程度で墓じまいを行ってくれる

新しいお墓を建てるとき、墓じまいも同時に行ってくれる石材店があります。
墓じまいとは、今あるお墓を撤去して、更地にすることです。

墓じまいをし、遺骨を新たなお墓へ引っ越しさせることを「改葬」といいますが、 改葬時、墓じまいも新しいお墓の施工もまとめて行ってくれる業者がいれば、とてもスムーズに工事が進みます。

仏壇コーナーがある

お店の中に仏壇コーナーが設けられている石材店があります。
仏壇・仏具店と提携するなどして、供養のトータルな悩みに答えようとしてくれるお店です。
「お墓と仏壇を両方購入すると幾らになる?」など、供養の疑問を抱えている人にはぴったりです。

手元供養コーナーがある

仏壇コーナーといっしょに、手元供養のコーナーが設けられている石材店があります。
手元供養とは、遺骨を自宅で供養する弔いの形です。

「そんなことをしたら、お墓がいらなくなってしまうのに、石材店で薦めていいのか」とビックリする人もいるでしょう。
しかし、石材店に手元供養コーナーが置かれることには、大変な意義があると考えられます。

石材店を訪れたからといって、みんなが「お墓を建てたい」と積極的な気持ちでいるとは限りません。
「お墓はお金がかかりすぎる」「本当に、お墓は必要なのか?」「もっとそばに遺骨を置いておきたい」 というモヤモヤした気持ちに、手元供養品は一つの解決法を与えてくれます。

手元供養品コーナーを置くことには、「お客さんに、本当に自分に合った供養の方法を見つけてもらいたい」という石材店側の気持ちが現れているのです。

もっとも、お墓を作ったとしても、手元供養は可能です。
小さい骨壺に少しだけ遺骨を込めて自宅で供養をし、残りの遺骨はお墓に納めるという方法を選ぶケースがあるためです。

以上、石材店のサービスについてご紹介しました。
お墓のプロは、供養のプロでもあります。知識豊富な店員に、いろいろな悩みをぶつけてみましょう。

まとめ

この記事では、霊園や石材店探しのプロセスについて、また安心して依頼できる石材店の探し方についてお伝えしました。

どんな石材店に、何を依頼すればお墓作りが成功するのか、イメージがつかめたでしょうか。
自分の希望にかなうお墓を作ってくれ、また供養のトータルな悩みに対応してくれる石材店を、ぜひ見つけましょう。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加