【墓前】アイキャッチ

この記事では以下のような疑問を解消!

    • 墓前って何のこと?
    • 宗派によって墓前にあげるお線香の本数が違うの?
    • 墓前でOKなものNGなものはなに?
    • 墓前ではどんな法要をするの?

「お墓に関する作法などはよく分かっていないけど、お墓参りはしている」という人も多いのではないでしょうか。お墓参りの際は、お線香やお花をあげたり、お供物をあげたりするなど、なにげなく行ってしまっていますね。

しかし、墓前で供える際にはさまざまな注意しなければいけないこともあるのです。供養をしている故人の宗派が分かっているにもかかわらず、マナー違反の作法をしてしまうのは大変心苦しいこと。
歳を重ねるごとに弔事は増えていく傾向ですので、あいまいではなくハッキリとしたポイントは押さえておきたいものです。

そこで、本記事では「そもそも墓前とは何なのか」「宗派ごとのお線香の本数」「墓前で法要する時期」などについて解説していきます。この記事を読めば、今まで何となく行っていた墓前の供養も、本当の意味を知ることより一層丁寧にできるようになるでしょう。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

墓前(ぼぜん)とはお墓の前のこと

黄の仏花が供えられているお墓

墓前は「ぼぜん」と読み、意味はお墓の前のことです。漢字の意味のままなので墓前という言葉を知らなかった人もイメージはしやすいでしょう。一般的に、お墓参りする際は必ず墓前へ足を運ぶことになります。
その際は、お線香やお花、お供物を持参する人がほとんどではないでしょうか。また、後述しますが墓前ならではの法要というものもあります。

墓前に供える際の注意点!お線香やお花、お供物のポイント

墓前にお線香やお花、お供物を供える際は注意したほうが良いポイントがあります。あまり意識せずにお墓参りしている人も少なくありませんが、ここでは、「お線香」「お花」「お供物」という3つの観点から掘り下げて解説していきます。

お線香の本数は宗派によって異なる

墓前にあげるお線香の本数は、宗派によって異なるため、供養するお墓の宗派はできるかぎり押さえておきましょう。ただし、地域などでも本数の目安は若干異なることも珍しくありません。
一般的には、1~3本を墓前にあげることが多い傾向です。そこで、ここでは宗派別にどのような決まりがあるのかを探っていきましょう。

宗派 お線香の本数
浄土宗 本数に決まりはない
浄土真宗 本数に決まりはない
天台宗 本数に決まりはない
曹洞宗 基本は1本
日蓮宗 1本もしくは3本
臨済宗 1本もしくは3本
真言宗 原則3本

浄土宗は特に決まりはない

浄土宗は、墓前にあげるお線香の本数に決まりはありません。そのため、お線香を1本あげれば問題ありません。墓前なら横向き、仏壇の前なら立ててお線香をあげましょう。

浄土真宗は特に決まりはない

浄土真宗も墓前にあげるお線香の本数に決まりがありません。おおむね1本~数本をあげるのが一般的です。ただし、浄土真宗はお線香を立てないことが大きな違いになります。墓前でお線香をあげる場合は、たいていのお墓がお線香を横にして香炉へ入れますが、仏壇の前でも横にしてあげることが浄土真宗の特徴です。
香炉の幅が狭いときは、適度にお線香を折って火が付いているところを参拝者から見て左になるよう寝かせます。

天台宗は本数に決まりはない

天台宗は、お線香の本数に決まりがありません。そのため、1~数本を手に取り火を付けて香炉へあげましょう。お香の煙が故人の世界に行き渡って、故人だけでなく諸仏・諸菩薩の供養になるよう願いを込めてあげることが大切です。

曹洞宗は基本1本

曹洞宗は、基本的にお線香は1本です。仏壇の前の場合は、お線香をまっすぐに1本立てたあとに、おりんを3回鳴らします。

日蓮宗は1本もしくは3本

日蓮宗の場合、お線香の数は1本もしくは3本です。一般的には3本としているところも多いようですが、人数が多い場合などは1本というケースもあります。お線香の1本目は、お釈迦様の分、2本目はお釈迦様の教えの分、3本目が僧侶への分といった意味合いがあるので覚えておきましょう。1本の場合は、香炉のできるだけ真ん中に立てるようにします。

臨済宗は1本もしくは3本

臨済宗は、1本もしくは3本です。仏壇前でお線香をあげる際、仏具に3本足がついているときは3本といわれています。仏様や先祖に角が立たないよう、手前の真ん中に1本、奧に2本立てる逆三角形が基本です。ただ、同じ臨済宗でも1本という地域のお寺もあります。

真言宗は原則3本

真言宗のお線香の数は原則3本です。仏壇前でのお線香のあげ方は、参拝者から見て1本を奧の真ん中、残りの2本を手前の左と右におき、正三角形になるよう立てることが基本といわれています。

以上、宗教ごとの線香の本数についてご紹介しました。

お線香の本数は1~3本がほとんどのようですね。より丁寧に供養を行いたい場合は、地域差もあると思いますので、僧侶にたずねてみるなどしておくと賢明です。お線香だけでなくお供えの花もマナーがあるので次で見ていきましょう。

お供えの花におすすめなものと避けたほうが良いもの

色とりどりの仏花が供えられている墓前

お供えの花には、おすすめできるものと避けたほうが良いものがあります。墓前と仏壇前にかかわらず、お供えの花を持参することが多い傾向です。しかし、あまり「どの花が良くてどの花が良くない」ということまで考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。
ここでは、お供えの花について解説していきます。

お供えの花におすすめなもの

基本的には、故人が好きだった花や、季節の花を供えるのがおすすめです。ただ、故人の好きな花が分からない場合などは、法要によってお供えの花を変えてみることも選択肢の一つといえるでしょう。

墓前のお供えにおすすめの花
お供えの花の基本 故人が好きだった花や季節の花
初盆・新盆の場合 白でまとめた色合いの花(キク、胡蝶蘭、カーネーションなど)
それ以外の場合 白を基調とした淡い色の花(リンドウ、トルコキキョウ、スターチスなど)
初盆・新盆の場合

四十九日以降に迎える初盆・新盆の場合は、白でまとめた色合いのお花がおすすめです。例えば、白いお花としてはキクや胡蝶蘭、カーネーションなどになります。

それ以外の場合

それ以外の場合は、白を基調として全体が淡い色合いになるようなものを選ぶと良いでしょう。白いお花は上記にあげましたが、淡い色合いの花の例としてはリンドウやトルコキキョウ、スターチスなどもおすすめです。

お供えの花に避けたほうが良い4つのもの

お供えの花には、避けたほうが良いお花もあります。主に「毒があるもの」「トゲがあるもの」「花粉が多くない」「臭いが強くない」の4つです。

  • 毒があるもの
  • トゲがあるもの
  • 花粉が多いもの
  • においが強いもの
毒があるもの

毒があるお花を供養にあげることは、死が連想されるため避けましょう。そもそも毒があることを知っていてあげる人は少ないでしょうから、「毒があることを知らなかった」とならないよう注意することが大切です。
万が一お供えしている花の毒で誰かが被害を受ける可能性も否めません。有名な花としては、トリカブトやチューリップ、アネモネ、スズラン、ヒガンバナなどです。

トゲがあるもの

トゲがある花も避けておきましょう。トゲがある花で真っ先に思いつくのはバラです。バラの花は赤だけでなく、さまざまな色合いかつ華やかな花なので献花したくなるかもしれませんが、触ると痛みを感じるトゲがある花はお供えの花としてはふさわしくありません。

花粉が多いもの

花粉が多い花も墓前にあげる花としては、避けておきましょう。なぜなら、故人の大切な墓石が花粉で汚れてしまう可能性があるからです。どうしてもあげたい場合は、花粉を十分に取ってから献花するなどの工夫をしましょう。特にユリは、花粉が多い傾向です。

においが強いもの

葬儀などでも香水がふさわしくないといわれるように、お供えの花もにおいが強いものは避けておきましょう。カサブランカなど、ユリ科の植物はゴージャスで見る人を魅了してくれる花ですが、お供えの花としてはにおいが強いものもあるため注意が必要です。

お花は、視覚だけでなく嗅覚も楽しめる植物ですが、墓前にお供えする場合は、においが強い花など避けたほうが良い花もいくつかあります。間違っても毒がある花を知らなかったと献花しないようにしっかりと把握しておくのが大切です。お線香とお花の後は、墓前に供えるお供物のマナーについてもチェックしておきましょう。

墓前のお供物におすすめなものと避けたほうが良いなもの

墓石の前のお供え物

お供物のなかでも、おすすめなものと避けたほうが良いものの2通りがあります。墓前まで持ってきて「しまった!」とならないように、基本的な内容を押さえておきましょう。

お供物におすすめのもの

お供物におすすめなものは、お花と重複しますが、故人が好きだった食べ物や季節に合わせた旬のフルーツなどの食べ物です。3月のお彼岸であれば、みかんやオレンジ、9月のお彼岸であればブドウや梨などもよいでしょう。

お供物に避けたほうがいいもの

逆にお供物で避けたほうがいいものは、「五辛(ごしん)」「肉や魚」です。これらがなぜ避けたほうがいいのかについて見ていきましょう。

五辛(ごしん)

五辛(ごしん)とは、「にら」「にんにく」「ねぎ」「らっきょう」「はじかみ(しょうが・さんしょう)」の5つの食べ物のことです。辛みやにおいがきつい食べ物は、仏教の教えで食べることを避けられています。なぜなら、仏教では古くからこれらの刺激が多い食べ物は色欲を刺激し心を乱すとされているからです。そのため、これらはお供物としてはふさわしくありません。

肉や魚

肉や魚はお供物として避けたほうがいいでしょう。なぜなら、肉や魚は殺生をイメージさせてしまうものだからです。また、肉や魚は墓前に置いておくと日光にさらされて傷みやすかったり、腐りやすかったりすることも避けたほうが良い理由の一つといえるでしょう。

墓前にお供物を供える際は、できるかぎり故人の好きだったものを供えてあげたいものです。しかし、避けたほうが良いものもしっかりと押さえたうえで他の参拝客に嫌な思いをさせないようにすることも心がけておきましょう。
また、供えたお供物はそのままにしないようにすることも重要です。

おすすめのお供物と避けたほうが良いお供物
おすすめのお供物 故人が好きだったものや、季節の旬のもの
避けたほうがよいお供物 五辛(ごしん)「にら」「にんにく」「ねぎ」「らっきょう」「はじかみ(しょうが・さんしょう)」
肉や魚

墓前に供えた食べ物は必ず持ち帰る

墓前に供えた食べ物は、帰宅する際に必ず持って帰りましょう。寺院や霊園によっては規則によって初めから持って帰るように定めているところもあります。なぜなら、食べ物をそのままにしておくと動物などにお墓を荒らされてしまう可能性が高まるからです。
また、食べ物は傷んだり腐敗したりしやすいということも理由の一つになります。「墓地管理者が片付けてくれるのでは?」といった甘い考えを持たず、マナーを守って他の参拝者も気持ちよく参拝できるようにしておきましょう。
 
墓前にお線香やお花、お供物をあげる際は、しっかりと避けたほうがいい行為をしてしまわないようにすることが大切です。いくら故人が好きなものだからといっても他の参拝者もあることなので、最低限の知識は押さえておくと気持ちよくお墓参りができますよ。
墓前では、お墓参りだけでなく法要を行うケースもあります。次では、どんな時期に墓前法要を行うのかについてみていきましょう。

墓前で供養(法要)をする時期

カレンダーと時計

墓前では法要を行うことがあります。一体どんな時期に墓前で法要を行うのでしょうか。墓前で法要を行うことを墓前供養(法要)と呼びます。ここでは、墓前供養を行う3つの時期について解説します。

  • 遺骨を収める納骨式
  • 新しいお墓を建てたとき
  • お墓を撤去するとき
  • 墓前祭

遺骨を収める納骨式

故人の遺骨をお墓に収めるための納骨式のとき、墓前供養を行う場合があります。納骨式は、必ず墓前供養が必要なわけではありません。しかし、菩提寺などがある場合は、僧侶に墓前供養を依頼することが一般的です。

新しいお墓を建てたとき

新しくお墓を建てたときは、僧侶を呼んで魂入れと呼ばれる開眼供養(墓前供養)を行うことが多い傾向です。改葬で新しいお墓に入るときなども墓前供養は行います。

お墓を撤去するとき

お墓を撤去するときも墓前供養を行うことが多いです。いわゆる「墓じまい」の際は、今までお世話になったお墓から先祖の遺骨をすべて取り出します。その際に閉眼供養という墓前供養を行うのです。

墓前祭

墓前祭は、仏式ではなく神式の納骨式でのことです。別名、埋葬式などと呼ばれることもあります。仏式同様に納骨の際に供養を行いますが、住職ではなく神主が神道の儀式に沿って行うのが違いです。

まとめ

墓前でのマナーや供養方法をしっかりと理解することで、より一層丁寧なお墓参りができるようになるのではないでしょうか。お線香やお花、お供物など、あまり気にせずに行っていたことも意味合いを掘り下げることで、故人への思いも伝わりやすくなるでしょう。
この記事のポイントについて振り返っていきます。

  • 墓前とはお墓の前のこと
  • お線香は宗派や地域によって本数が異なる
宗派 お線香の本数
浄土宗 本数に決まりはない
浄土真宗 本数に決まりはない
天台宗 本数に決まりはない
曹洞宗 基本は1本
日蓮宗 1本もしくは3本
臨済宗 1本もしくは3本
真言宗 原則3本
墓前のお供えにおすすめの花
お供えの花の基本 故人が好きだった花や季節の花
初盆・新盆の場合 白でまとめた色合いの花(キク、胡蝶蘭、カーネーションなど)
それ以外の場合 白を基調とした淡い色の花(リンドウ、トルコキキョウ、スターチスなど)
お供えの花に避けたほうが良い4つのもの
  • 毒があるもの
  • トゲがあるもの
  • 花粉が多いもの
  • においが強いもの
おすすめのお供物と避けたほうが良いお供物
おすすめのお供物 故人が好きだったものや、季節の旬のもの
避けたほうがよいお供物 五辛(ごしん)「にら」「にんにく」「ねぎ」「らっきょう」「はじかみ(しょうが・さんしょう)」
肉や魚
墓前法要を行う時期
  • 遺骨を収める納骨式
  • 新しいお墓を建てたとき
  • お墓を撤去するとき
  • 墓前祭

さまざまな細かいマナーや考え方がありますが、一番大切なことは故人を思い偲ぶ気持ちや行動です。墓前で定期的に故人や先祖の供養を行うことで、今の自分はたくさんの先祖がいたからこその存在だということがしみじみと伝わってくるでしょう。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。