健康保険証の返却先は加入していた保険によって違う!必要な書類も解説

スポンサーリンク
杉並区役所の本庁舎

健康保険証の返却は5日または14日以内に被扶養者は新たに加入する手続も必要

故人の健康保険証は、すみやかに返却し、資格喪失の手続をしなければなりません。

国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合は、故人が住んでいた市区町村役場の窓口で手続をします。期限は14日以内。

介護保険を受けていた場合は、介護保険の被保険者証の返却と資格喪失手続も、同時に行いましょう。

会社員(健康保険)の場合は、亡くなってから5日以内に手続をする必要がありますが、勤務先が手続を代行してくれます。また、健康保険だけでなく、厚生年金の資格喪失手続もしてくれます。

詳しくは、会社の総務課などに問い合わせを。死亡退職届の提出や社員証の返却など、そのほかの手続についても教えてくれるはずです。

故人の健康保険の扶養に入っていた人は、故人が亡くなると同時に、健康保険と国民年金などの資格を喪失します。その場合は、扶養に入っていた人全員ぶんの健康保険証を返却すると共に、国民健康保険と国民年金に加入する必要があります。

また、家族に会社員がいる場合、要件を満たせばその人の被扶養者に切り替えられます。

健康保険証の返却・喪失手続はどこで行う?

※いずれも「父」あるいは「夫」が死亡したと仮定

後期高齢者医療制度に加入していた人

(故人が75歳以上か、65~74歳で障害があった人)

返却先 故人が住んでいた市区町村役場の窓口
提出する喪失届 後期高齢者医療喪失届(自治体によっては死亡届で完了)
返却するもの 後期高齢者医療被保険者証、高額療養費の限度額適用認定証など
その他必要な書類 死亡を証明する戸籍謄本、申請者の印鑑、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
※埋葬費の申請の際、必要となります
※高額療養費の還付および保険料の返還がある場合は、相続人の印鑑・預金通帳も必要になります。

国民健康保険に加入している人

(定年退職した75歳以下の人、自営業者など)

返却先 故人が住んでいた市区町村役場の窓口
提出する喪失届 国民健康保険資格喪失届(自治体によっては死亡届で完了)
返却するもの 国民健康保険被保険者証
(世帯主が死亡した場合は世帯全員ぶん)、
国民健康保険高齢受給者証(70〜74歳の人のみ)
その他必要な書類 死亡を証明する戸籍謄本、申請者の印鑑、
本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

会社員の人

(国民健康保険以外の健康保険に加入していた方)

返却先 勤務先
提出する喪失届 健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届
(勤務先が代理で提出する)
返却するもの 会社の健康保険被保険者証
(被保険者が死亡した場合は、被扶養者全員ぶんも)

※故人との関係性を示す公的書類などが必要になることがあります


■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房

---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加