墓石クリーニングでお墓が蘇る!代行業者の作業内容と費用相場紹介

スポンサーリンク
墓石を布で拭く手

墓石って、お墓参りのときに簡単に磨くだけでずっと綺麗に保つのは難しいですよね。
また、お墓が遠くにあってなかなか行くことができないと石の劣化が気になります。
そんなとき、一度専門業者に依頼して新品同様にピカピカにしてもらえたら楽なのにと考えたことはありませんか?

このようなお悩みにこの記事はおすすめ

  • 「墓石のクリーニングは依頼することができる?」
  • 「業者に墓石のクリーニングを依頼すると、費用はどのくらい必要?」
  • 「業者に依頼するではなく、別の方法で墓石を綺麗にしたい」

この記事では、墓石のクリーニングを行う代行業者の紹介や依頼した場合の費用について紹介しています。

最後まで読んでいただくと、墓石の掃除を業者に依頼した方がいいのか、自分で行った方がいいのかが判断できるようになりますよ。

墓石のクリーニングとは

墓石のクリーニングとは、お墓掃除のことです。
お墓掃除には、石塔の掃除と、草抜きなどの足元の掃除があります。

頻繁にお墓掃除ができればいいのですが、忙しかったり、お墓が遠方にあったりと、なかなかお墓に行けないという人もたくさんいます。

お墓参りが困難な人たちは近年ますます増加しています。

こうした流れを受けて、全国的に墓石クリーニングの代行業者が次々に登場し、多くの人に利用されています。

墓石のクリーニングは業者に依頼できる

メモをとる業者

墓石のクリーニングサービスそのものは、昔から石材店による付帯サービスとして受けることができました。

しかし、いわゆる”お墓参り代行”の専門業者が出てきた頃には、お墓参りを自分ではなく業者に依頼することを不謹慎だとする雰囲気が漂っていました。

そこには、専門的なクリーニングは業者に依頼してもいいが、手を合わす行為は自分自身でするべきだという考えが反映されていたように思えます。

高齢化社会が進むと、こうした世間の雰囲気も弱まり、代行サービスを依頼する人はますます増えていると言います。

また、元手がなく始められるビジネスとして、副業程度の認識での新規参入も見られ、作業の仕上がりは業者によって大きく分かれるようです。
大切な墓石のクリーニングです。業者の選定は慎重にしましょう。

墓石のクリーニングを依頼できる業者

石材店

石材店はそもそも石材やお墓についての専門家で、石材について熟知しています。
汚れの原因とその対処法についても安心して適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

ただし、墓地の販売やお墓の建立や墓じまいなど、普段から数十万円や数百万円という高額な仕事を請け負うビジネスモデルで成り立っている業態です。

墓石クリーニングという小口案件の場合、業者によって価格設定が大きく異なるでしょう。
こまめな相見積もりをおすすめします。

クリーニング代行業者 

クリーニング代行業者は、墓石のクリーニングのみを請け負う専門業者です。
”お墓参り代行業者”と同じ括りで捉えても差し支えないでしょう。

石材店ほどの専門的な技術や道具を持ち合わせているわけではありませんが、自分たちでするお墓掃除よりは、きめ細かい仕事をしてくれます。

石材店に依頼するには敷居が高いと思われる人は、クリーニング業者に相談してみましょう。

また、墓石のクリーニングだけでなく、お墓参りもしてくれて、オプションで供花やお供え物のサービスなどもあります。
時代の流れによって登場し始めた新興のビジネスのため、インターネットで受注しているケースが多いようです。

便利屋(代行業者)

便利屋さんは、ご存じの通りなんでも代行してくれる業者で、墓石のクリーニングを請け負うところもあるようです。

依頼主がどの程度のクオリティを望むかによりますが、自分たちが普段しているお墓掃除の延長でよければ、便利屋さんでも構わないでしょう。

より専門的なクリーニングを望むのであれば、石材店やクリーニング専門業者に依頼した方がいいかもしれません。

墓石クリーニングの内容

墓石クリーニングは、主に次の2つに分かれます。

墓石のクリーニング

墓地は、石塔や外柵(墓地を囲む四方の石)などさまざまな箇所で石材が用いられています。
石材の汚れは、水あか、サビ、コケなどです。

また、石材の仕上げにも、本磨き、水磨き、サンダー仕上げ、ビシャン仕上げ、叩き仕上げなど、さまざまです。

みなさんが「お墓」と聞いてイメージするつるつるぴかぴかの鏡面のようなお墓はすべて本磨き仕上げです。

しかし、箇所によってはつるつるではなく、ザラザラした箇所やゴツゴツした箇所もあるのです。
専門的知識を持ち合わせている石材店やクリーニング業者であれば、その箇所に応じたクリーニングをしてくれるでしょう。

墓域の清掃

お墓掃除は、石材だけでなく、墓域全体もきれいにしなければなりません。

足下から生えてくる草を抜く、落ち葉拾いなどがあります。
長い年月放置していればいるほど、これらの作業の手間も増えるでしょう。

墓石クリーニングの費用相場

墓石クリーニングの費用相場をまとめました。参考にしてみてください。

  • 石塔クリーニング
    1基 15000円〜
    ※石塔の大きさによって金額は増えていきます
  • 外柵クリーニング
    1㎡ 5,000円〜
    ※面積が広くなるごとに金額は増えていきます
  • 墓域内清掃
    1㎡ 5,000円〜
    ※面積が広くなるごとに金額は増えていきます

その他さまざまなオプションサービスがあります

  • 墓誌のクリーニング
    先祖の名前を刻む墓誌をきれいにしてもらいます。
  • 灯籠
    墓域前面の両脇に置かれる灯籠をきれいにしてもらいます。
  • 彫刻文字のペイント入れ
    彫刻文字に白や黒のペイントを入れてもらいます。
  • 植木の剪定
    墓域内の植木をきれいに剪定します。
  • 玉砂利交換
    足元に敷かれた玉砂利を新しいものに交換します。

墓石のクリーニングを依頼するメリット

墓石のクリーニングを専門業者に依頼するのには次のようなメリットがあります。

  • なかなかお墓参りできない状況で、お墓をきれいにしてもらえる
  • 普段、自分たちでは手の届かないしつこい汚れなどを専門的にクリーニングしてもらえる
  • クリーニングするなかで、お墓や墓地全体の診断もしてもらえる
  • 全国に専門業者があるため、遠い故郷のお墓でも依頼できる

墓石のクリーニングを依頼するデメリット

逆に、デメリットや注意しなければならないことをまとめました

  • 自分たちでできるレベルの清掃にお金を払わなければならない
  • 依頼する業者によって仕上がりが全く異なる
  • クリーニングしてもらったことで、余計やキズやシミが残ってしまう

自分で墓石を綺麗にするための掃除ポイント

筆者は石材店にも長く勤務し、”お墓ディレクター”も取得しています。
自分で墓石を掃除するときのポイントは、”シンプルに”です。
墓石は基本的には水とスポンジを使って綺麗にしましょう。

しつこい雑草も可能な限り手で草抜きをします。
これが筆者の基本であり、おすすめです。

墓石専用の溶剤や除草剤も販売されていますが、あまり使用はおすすめしません。

なぜなら、石は粒子の組み合わせで目に見えない小さな穴(細孔)があるため、ここから溶剤が侵入してしまうと、想定する経年劣化よりも早まる可能性があります。

どうしても薬剤を使用したい場合は、「墓石専用」かつ「中性または弱アルカリ性」と書かれたものにしましょう。

塩素系のものは間違っても使用しないでください。汚れと一緒に墓石をも痛めてしまいます。

墓石をながく綺麗に保つためのコツ

墓石をながく綺麗に保つ一番のコツは、こまめにお墓掃除をすることです。

待機中には目に見えない塵やほこりや排気ガスなどが舞っていて、これらがお墓の表面に付着することで汚れとなり、場合によっては劣化の原因になります。

こまめにお墓参りして、簡単な拭き掃除でも構わないのできれいにしてあげる。

手の行き届いたお墓は年月が経っても生き生きしていますし、逆にお墓参りされていないお墓はたとえいい石を使用していても劣化が目に見えて分かります。

人もお墓も同じです。「手まひま」かけることが、長持ちの秘訣です。

まとめ

いかがでしたか?

普段は自分たちでお墓掃除をする。自分たちでできない掃除は専門業者に任せる。
こうした使い分けが賢明ではないでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択