墓地の購入とは権利を買うこと!?ポイントも合わせて解説

スポンサーリンク

墓地には3つのタイプがある

ポイント:墓地は「寺院」「公営」「民営」の3つのタイプがある。それぞれの特性を知ってふさわしい墓地を選ぶ。

お墓の用意をせずに親が亡くなったら

日本では、お墓は長男が承継し、それ以外の息子は、新たにお墓を作り自分の子孫に伝えていくという形式が伝統的です。女性は婚家の墓所に入ります。最近は、ライフスタイルの変化により、承継を前提としないお墓も増えてきています。

父親が長男でない場合は、両親が亡くなったら、お墓を建てなければなりません。そのためにはまず、お墓を建てる場所「墓地」を購入します。

墓地購入とは「権利」購入

墓地購入というと、土地を買うイメージがありますが、そうではありません。墓地内のある区画を使用する「権利」を買うことになります。

ですから、墓地の価格は「永代使用料」、「墓地使用料」などと呼ばれます。墓地の所有者は、お寺なり霊園なりの経営母体なのです。この「権利」は、子々孫々承継することはできますが、他人に売ることはできません。

墓地にはそれぞれメリット、デメリットがある

墓地は経営母体によって、「寺院墓地」、「公営墓地」、「民営墓地」の3タイプに分類されます。価格では公営墓地が手軽ですが、制約が多いだけでなく、入手しにくいという現実もあります。

寺院墓地は、お寺に守っていただく安心感がありますが、檀家(だんか) としてのおつき合いがあります。それぞれの墓地の利点と自分の事情をよくすり合わせて、検討しましょう。

墓地の基礎知識寺

知識① 「墓地」とは土地ではなく権利である

墓地購入とは、土地ではなく、墓地の永代使用権を買うこと。土地の権利は寺院や霊園にある。

知識② 墓地には3タイプある

墓地には3タイプある

墓地を購入する

ポイント:情報を集め候補を絞ったら現地にでかける。生前墓「寿陵」は節税に。

候補地を絞り現地に足を運ぶ

墓地を購入することになったら、まず情報を集めます。新聞チラシ、インターネットが手軽です。

また石材店は墓所と関係が深く、情報が集まります。そのほか墓地を扱っている百貨店もあります。公営墓地は、県や市の広報に募集が告知されます。

情報を集めたら、何件か候補を絞ります。その際には、価格の他にも、宗派の規定など、細かい点にも注意します。

またお墓は長いおつき合いになりますから、民営墓地の場合、経営状況も確認して、安心できるところを選びましょう。候補を絞ったら、現地に足を運びます。大切な故人を納骨するのですから、日当たりがよく静かな環境が望まれます。

さらに、頻繁にお参りに行くためには、交通の便も重要です。法要が営める会館の有無なども考慮します。

「寿陵」は功徳が高く節税対策にもなる

生前にお墓を建てることは決して不吉なことではありません。仏教では「寿陵(じゅりょう)」といい、むしろ縁起が良いといわれています。

最近では縁起のためだけでなく「子どもに負担をかけたくない」「自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選びたい」という人が寿陵墓を建てています。

お墓は相続税の対象にならないため、寿陵墓は節税にもなります。

また、不動産取得税、固定資産税なども発生しないのが特徴です(墓石工事費や管理費には消税がかかります)。

墓地購入のポイント

ポイント① 事前に情報収集をする

チラシやインターネットで情報を集める。墓地の紹介を行っている石材店、 百貨店もある。公営霊園は市区町村の広報誌に掲載される。

●確認事項

  1. 宗教・宗派は問われるか?
  2. 永代使用料、管理費の金額と支払い方法
  3. 遺骨がなくても購入できるか?
  4. 使用権を将来譲渡できるか?
  5. 埋葬できる親族の範囲(独身の家族は?)
  6. 取り消し条件は?(管理費の遅滞など)

ポイント② 現地に足を運ぶ

現地で墓参の人を見かけたら、管理状況などを聞いてみるとよい。

●確認事項

<立地条件>

  1. 家からかかる時間
  2. 最寄りの駅からの距離や交通の便
  3. 災害の心配(地崩れや浸水など)

<環境条件>

  1. 清掃は行き届いているか?
  2. 日当たりや風通しはよいか?
  3. 管理事務所・トイレ・駐車場はあるか?
  4. 掃除用具や手桶は貸し出してもらえるか?

<条件・規定>

  1. 石材店は自由に選べるか?
  2. 墓石の大きさやデザインに規定はないか?

生前に墓を建てると節税になる

●控除後の課税価格が800万円のA家とB家

生前に墓を建てると節税になる

※A家は100万円に対する税額を節税できた

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択