【墓地 解約】アイキャッチ

いま利用している墓地・霊園を利用し続けるには、継承者がいることが前提となります。
そのため、もし継承者がいなくなる、いたとしても管理負担を軽減させたい場合、墓地を解約する必要がでてきます。

この記事では以下のような疑問を解消!

  • 「墓地・霊園を解約する方法は?」
  • 「墓地を解約するときにはいくらぐらい必要?」
  • 「墓地解約後の供養はどうなる?」

お墓は先祖代々で守られてきたものもあるため、自分の代で解約することでバチがあたる、供養心に欠けるといった不安もあるかもしれません。

しかし、あまり知られてはいませんが、実は遺骨を埋葬する場所は法律で定められています。

そのため墓地を解約したからと言って、全く供養できなくなるわけではなく、別の場所・別の方法で供養をしていくことになります。

この記事では、墓地の解約方法について詳しく解説しています。
墓地の解約方法、考えられる費用、注意点まで紹介しているので、墓地解約を検討している方は事前に参考にしていただければと思います。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

きちんと供養をするための墓じまいや墓地解約

お墓参りをする女性

ご先祖様を代々お祀りしてきた墓じまいや、墓地の解約という判断は、決してうしろ向きな行為ではありません。
故人様やご先祖様を大切に思うからこそ、墓じまいや墓地の解約が行われているのです。

「墓地を手放すなんて、本当にしてもいいのだろうか」
「墓じまいをして、バチが当たらないだろうか」

このように不安に思う気持ちも充分わかります。しかし、お参りできないお墓をいつまでもそのままにしておくというのも現実的ではありません。

ご先祖様のことをきちんと考えているからこそ、これまでお世話になったお墓をきちんと墓じまいするのです。子孫として、立派な行為ではないでしょうか。

墓じまいはご先祖様に対して責任を果たす大切な行為

そもそも、墓地や墓石は世代を超えて受け継がれていく場所でした。
かつては土葬が当たり前で、亡き人の遺体はすぐに土の中に埋葬され、地上には墓石が置かれました。

先祖のつながりを大切にする日本人にとって、何百年もの風雪に耐える石は、世代を超えたつながりを象徴したものだったのです。

しかし、昨今のライフスタイルでは、墓地や墓石の承継には困難が付きまといます。
たとえば、地方から東京に出て数十年にもなる人が、故郷のお墓にいつまでもお参りできるかというと、やはり限界があります。

その時の対応として、疎遠になってしまうお墓をずっと放置するのではなく、きちんと墓じまいをして遺骨を引き取るというのは、ご先祖様に対して責任を果たしていると言えるのではないでしょうか。

承継ができないと分かっていても、お墓をそのままにしておくことの方が、むしろ無責任に思えてしまいます(もちろんそこにはさまざまな事情があるため、すべてを「無責任」と断じることはできません)。

たとえ心苦しいとしても、墓じまいは、子孫の責任としてとても大切な行為だと思えます。

墓地を手放したあとの供養の方法

墓地を解約して手放したからといって、それで供養ができなくなるというわけではありません。
供養とは、あくまでもこの世界に生きる人たちが亡き人を偲ぶことです。

お墓の形にこだわることなく、故人様やご先祖様を偲びやすい、あなたにぴったりな供養の方法があるはずです。
墓地を解約する際には中に埋まっている遺骨も一緒に取り出すので、新たな納骨先をも同時に考えておかなけれなりません。

主な方法は次に挙げるものです。あとの方で費用も含めて詳しく取り上げるので、ここでは簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。
あなたにぴったりな方法を、じっくりと考えてみてください。

納骨堂

納骨堂とは、屋内に設けられた納骨施設です。
主に寺院の境内に作られており、お寺に守られているという安心感と価格の安さ、さらにはいざという時にすぐに永代供養に切り替えられる点が人気の理由です。

ひとことに「納骨堂」と言っても、仏壇型、ロッカー型、自動搬送型など、さまざまなタイプがあります。

樹木葬

樹木葬は、墓標に植木や草花を用いた新しいタイプのお墓です。自らの死後を自然の循環の中に還したいと願う人に選ばれています。
また、墓石を用いないために費用を安く抑えられます。
自然の里山に埋葬する里山型や、一般的な霊園の中に設けられた霊園型などがあります。

散骨

散骨とは、パウダー状にした遺骨を海や山に撒く方法です。お墓を構えない新たな供養の方法として一部の人のに選ばれています。ただし、散骨に関する法律がないため、その是非をめぐっては賛否が分かれているというのが実情です。

墓地を解約するさまざまな理由

家族会議をする3人

墓地を解約する人たちには、それぞれにさまざまな理由があります。
どのような理由が背景があるのか考えられるものを取り上げます。

お参りが満足にできず、お墓を荒らしてしまう

自分の住んでいる場所とお墓の距離が遠いとなかなか満足にお墓参りができません。
そうするとお墓全体が荒れてしまいます。

墓石の表面は汚れ、墓域内は草が生えてそのことだけでも心苦しいのに、その上、周りの墓地に対しても迷惑がかかってしまいます。

すぐそばでお参りできる場所が欲しい

お墓の建立を考えている人がお墓に求める一番の条件は距離だと言われています。
近くにお墓があることで、頻繁にお参りができて、故人様やご先祖様を身近に感じられます。

墓守を自分たちがしなければならない

これまで親に任せていた墓守も、親が高齢になる、あるいは亡くなることで自分がしなければならなくなります。
それをきっかけに、これまでの墓地を解約して新たにお墓を設けるというケースも多く見られます。

娘しかいない、あととりがいない

子どもはいるけれど娘しかいないため、家が絶えてしまうという声もよく耳にします。
こうした世帯では、あとを見るものがいないために墓じまい、墓地の解約に踏み切ります。

内閣府の調査によれば、合計特殊出生率は1949年が4.32だったのに対し、2016年は1.44です。
それに加えて、いまでも女性は男性の家に嫁ぐという考え方が根強くあり、これが墓じまいが増えている要因となっています。

子どもがいないから

子どもそのものがいないことが理由で、墓じまいをしなければならない例も数多くあります。
生涯未婚率は年々上昇しており、1950年は男性が1.5%、女性が1.4%だったのに対し、2015年では男性が23.4%、女性が14.1%にまで及びます。

お墓の掃除やお参りが大変だから

墓地はさまざまな場所にあります。
寺院の境内や霊園であれば、ある程度お参りがしやすいように作られていますが、昔からある共同墓地や山や森の中にあるようなお墓では、掃除やお参りに大変な労力を要します。
高齢者になるほどお参りの負担は重くなり、こうした理由から墓地を解約するケースもあります。

このように、多くの人がさまざまな理由で墓地の解約に踏み切っています。
では、具体的にどのような方法、流れで解約すればいいのでしょうか。
次の章で詳しく解説していきます。

墓地の解約方法と手続きの流れ

墓地の解約は、管理者に墓地を返還することを意味します。墓石が建っているのであれば、それらをすべて撤去して、きれいな更地の状態に戻さなければなりません。
状況によって異なることもありますが、主に次のような流れで行われます。

墓地解約を管理者・寺院に申し出る

墓地を解約したい旨を管理者に申し出ます。霊園であれば管理事務所、寺院墓地であればお寺の住職です。
所定の手続きについての指示があるはずです。

遺骨の引越し先を決める(契約)

墓地の解約は同時に遺骨の引っ越し(改葬)を意味します。お墓の中にある遺骨をどこに納めるのか。新たな改葬先を決めて、事前に契約をしておきます。主に、新しい墓石、納骨堂、樹木葬などが選ばれています。

改葬の手続き(役所など)

改葬をするために、改葬元の自治体から改葬許可を得なければなりません。窓口に尋ねて必要なものを確認しましょう。一般的には、改葬元から納骨を証明する書類、改葬先から遺骨の受入を証明する書類の添付を求められます。

閉眼法要(魂抜き)

お墓を解体撤去する場合は、寺院に閉眼法要をしてもらいましょう。もしも墓石が建っておらず、墓地の返還だけの場合は不要です。

墓地にあるお墓の解体・撤去

解体撤去工事は石材店に依頼します。墓地や霊園によっては石材店が指定されていることもありますので事前に確認をしておきましょう。

墓じまいをするためにはさまざまな方面に出向かなければならず、不慣れなために手続きが難航する人もたくさんいるようです。
こうした墓じまいの手続きはプロに委託代行もできます。
仕事で忙しい人や、高齢でいろいろな場所に出向くのが大変な人、手続き全般が苦手な人は、検討してみてもよいでしょう。

◆墓じまいの手続きはプロに任せられる
墓じまいについてプロに相談してみる

墓地の解約には50万円〜100万円程度の費用がかかる

お金のことを考える老人

墓地を解約するためには50万円〜100万円くらいの費用がかかります。
これは、墓地の解約をするためには、墓石の解体撤去費用、閉眼供養や離檀料、遺骨の移転先の契約などが付随するからです。ひとつずつ詳しくみていきたいと思います。

墓石解体の解体処分費用:1㎡あたり7~15万円程度

人によって、所有する墓地の面積や墓石の大きさは異なります。ですから、相場を出すのが実に難しいのが墓石の解体撤去費です。

一般的な相場として、墓地面積1㎡あたり7万円〜15万円だと言われています。
墓地の面積は墓地の幅と奥行きの寸法を測ることで算出できます。

たとえば、墓地面積が4㎡(幅2メートル×奥行き2メートル)だとすると、28万円〜60万円という計算が成り立ちます。
ここまで金額に開きがあるのは、石材店の価格設定だけではなく、墓石や石造物の大きさもお墓によって異なるからです。

同じ4㎡の墓地でも、小さな墓石が1つ置かれているだけなら費用は安く済みます。
一方、五輪塔や水子地蔵など墓石以外の石塔、さらには霊標や灯篭や玉垣など、処分しなければならない石材が多い場合は費用がかさみます。
ひとつひとつの案件で見積もりをしてもらわなければ正確な費用は出ないでしょう。

閉眼供養(魂抜き)のお布施:1万円〜5万円

墓石の中には仏様やご先祖様の魂が込められています。
そのため、寺院に閉眼法要(魂抜き)をしてもらってからでなければ解体工事ができません。
魂抜きのお布施は1万円~5万円くらいが相場です。
またこの他にも施主の気持ちで「お車代」を包むとより丁寧でしょう。

離檀料(寺院の場合):5~10万円程度

離檀料とは、寺院の檀家をやめる時に包むものとされる費用のことです。
一般的には5万円~10万円、高くても20万円くらいと言われていますが、実質的に相場はなく、法外な金額を請求する寺院もあれば離檀料を受け取らない寺院もあります。

価格について、さらには離檀料の存在そのものの是非はさまざまな場所で問われています。
檀家になる時に契約書を交わしていないのであれば、法的には支払わなくてもよいとされているものです。

新しいお墓への移送料:1千円~2千円(ゆうパック)

配送業者を利用して遺骨を新しいお墓へ送ることもできます。
受け付けてくれるのは日本郵便だけです。
配送費用は、通常料金と変わりません。荷物の3辺の寸法と距離で決まりますが、通常、1千円から2千円程度でしょう。

ただし、遺骨を荷物として配送業者に依頼することはリスクがあるだけではなく、心情的にも受け入れがたいと感じる人も多くいます。あくまで受け取る側の寺院や霊園に承諾を得た上で行いましょう。

最近では、ゆうパックで遺骨を受け入れ、そのまま永代供養にしてくれる寺院が増えています。
このようなサービスは、遺骨の送付と永代供養で3万円〜5万円が相場です。

手続き代行料 5万円~15万円

改葬許可証の発行については、行政書士に依頼できます。費用相場は5万円~15万円でしょう。
墓じまいの代行そのものは石材店がやっていますが、書類の手続きを代行してもらうのであれば、官公庁等に提出する書類の作成や提出の代行が認められている行政書士に依頼します。

仕事で忙しい人や、高齢者の人にとって、墓じまいを自分自身で行うのはとても大変なことです。こうした負担を軽減したい人は検討してみてはいかがでしょうか。

遺骨の移転先によって異なってくる費用相場

墓地を解約すると、埋葬していた遺骨を新たな場所に納骨しなければなりません。どのような納骨先を選ぶかによって費用も大きく異なります。

新しい墓石を建てる:200万円~300万円

遠方のお墓を処分して、住まいの近くに新しいお墓を建てるというケースも多くあります。
この場合、墓じまいの費用とは別に、お墓を建てる費用としては200万~300万円近くかかるでしょう。

新しくお墓を建てるためには、墓地を取得して、墓石を建立しなければなりません。
墓地の費用はその土地の平均単価や面積によって異なりますし、墓石も、お墓の大きさやデザイン、そして使用する石の種類によって変わります。
民間霊園などでは、墓地と墓石をセット販売にしているところもあります。

墓石を引っ越しする:100万円~200万円

故郷のお墓を解体し、その石材を利用して新しい墓地に移設する場合、墓じまいの費用とは別に100万円~200万円近くかかるでしょう。

新しく墓石を新調するよりは安く抑えられるかもしれませんが、石材の搬送費、新しい墓地の永代使用料、据付工事費などがかかります。

墓石の引っ越しの場合、石塔は今あるものを使用できても、基礎工事や外柵は新しい墓地の寸法に合わせたものを新調しなければならないので、それなりの費用がかかります。

納骨堂:20万円~100万円

納骨堂とは、建物の中にに設けられた納骨施設で、主に寺院によって運営されています。
「納骨壇」と呼ばれる遺骨を安置する施設を用いますが、これにもさまざまな種類があり、費用も異なります。

ロッカー型 20万円~50万円

コインロッカーのような形状で、遺骨を収蔵するだけの区画が割り当てられます。

仏壇型 50万円〜100万円

上下の2段構造となっていて、上段が仏壇で下段が納骨スペースです。本尊や位牌を祀り、その場で手を合わすことができます。

自動搬送型 50万円~100万円

建物全体を納骨堂としたタイプです。お参りの時には、参拝ブースまで遺骨が自動搬送されます。

樹木葬:50万円~100万円

樹木葬とは、樹木や草花を墓標としたお墓のことです。
樹木葬には、自然の里山を利用した里山型と、市街地の寺院や霊園で行われる霊園型とがあります。

ともに50万円~100万円が費用の目安でしょう。
従来の石のお墓に抵抗感がある人、自然に還りたいと願う人、自然の中でお墓参りしたい人たちに選ばれています。

また、墓石と比べても墓じまいの手間や費用がかからないことから、あととりのない人、ゆくゆくは永代供養にする予定の人にも人気です。

永代供養墓での供養:3万円~10万円

永代供養墓では、遺骨を他の人と同じ場所に合葬して供養されます。
さまざまな寺院が永代供養の受け入れをしていますが、費用相場は3万〜10万円でしょう。
さらに、戒名授与を希望する場合は別途戒名料が必要です。
中には、長く付き合いのあった菩提寺に永代供養を依頼することもあるでしょう。檀家と菩提寺の場合は一般的な相場があてはまらないことがあるので、直接寺院に相談しましょう。

散骨:5万円~30万円

散骨とは、粉末状にした遺骨を海や山などに撒いて、自然に還す葬法です。全国にさまざまな業者がありますが、主に行われているのは海洋散骨です。船に乗って、海の沖合で散骨をします。

海洋散骨にもいくつかのプランがあり、費用が異なります。

  • 委託散骨 5万円~10万円
    遺骨を業者に預けて、散骨を委託します。

  • 合同散骨 10万円~20万円
    複数の家族が一艘の船に乗船して、散骨を行います。

  • 個別散骨 20万円~40万円
    船をチャーターして、自分たち家族だけで散骨します。

墓地を解約する前に知っておくべき注意点

墓地の解約とは、そのまま墓じまいを意味します。そのためにトラブルに発展しかねないことも多々あります。
お墓にはご先祖様の遺骨が眠るだけでなく、親族同士のつながりのよりどころとしての意味合いもあります。
まずはその注意点を把握しておきましょう。

寺院とのトラブルに注意する

寺院の境内に墓地がある場合、墓地の解約はそのまま離檀(檀家をやめること)につながることもあります。

檀家と菩提寺の関係は、契約書だけではない人間関係の側面もあるため、一方的な離檀はトラブルの原因になりかねません。
どうして墓地を解約するのか、離檀をしなければならないのか。きちんと寺院に伝えましょう。

その上で法外な離檀料を請求される、離檀が認められないなどの不当な対応をされた時には、弁護士に相談しましょう。
契約書を交わしていない限り、離檀料は法律的には不要とされています。

霊園とのトラブル

墓地を解約するためには、そこに建立されている墓石を撤去し、更地の状態に戻して返還しなければなりません。

こうした墓じまい工事は石材店に依頼するのですが、霊園によっては石材店が指定されていることがあります。

その場合、施主側が石材店を選ぶことができず、費用は相手側の言い値になってしまうので注意が必要です。
必ず事前に契約内容を確認しておきましょう。

親族間のトラブル・承諾

お墓は、家族だけでなく親族もお参りに来る場所です。ある日お参りに来てみたらお墓がなかったとなると、これはトラブルの原因となります。

墓地を解約して、墓じまいをするのであれば、大切な親戚には連絡をして承諾を得ておくのが望ましいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
墓じまいとは、ご先祖様を大切に想うからこそ、墓地を解約して、きちんと手を合わす場所を新たに設けることにほかなりません。

もちろん、永らくご先祖様をお祀りしてきたお墓を撤去処分することには多大な費用と労力、さらには各方面からの理解が求められます。

しかし、一番大事なのは、手を合わせる人がお参りすることで、亡き人と一緒にいると感じられること、負担なくお参りができることではないでしょうか?
この記事を読んでいただき、少しでも墓じまいや墓地の解約について理解を深めてもらえたなら、幸いです。

最後にこの記事をポイントを箇条書きでまとめました。

  • 墓じまいや墓地の解約は、ご先祖様を大切に想うからこそ行われるもの。うしろ向きな行為ではない。
  • 墓じまいの際には、新たな納骨先をも同時に考えておかなければならない。墓石、納骨堂、樹木葬、散骨などの方法がある。
  • 墓地を解約する主な理由は、あととりがいない、お墓が遠方でお参りができない、管理や掃除の大変、などの理由が挙げられる。
  • 墓地の解約は次の流れで行われる。
    • 墓地解約を管理者・寺院に申し出る
    • 遺骨の引越し先を決める(契約)
    • 改葬の手続き(役所など)
    • 閉眼法要(魂抜き)
    • 墓地にあるお墓の解体・撤去
  • 墓じまいの手続きはプロに委託代行もできる。
  • 墓地の解約には50万円〜100万円の費用がかかる。主に、解体撤去工事費用、閉眼供養、離檀料。遺骨の移送料、手続き代行料、などが挙げられる。
  • 新しい納骨先の費用は、施設によって異なる。
    • 新しい墓石を建てる:200万円~300万円
    • 墓石を引っ越しする:100万円~200万円
    • 納骨堂:20万円~100万円
    • 樹木葬:50万円~100万円
    • 永代供養墓での供養:3万円~10万円
    • 散骨:5万円~30万円
  • 寺院の境内に墓地がある場合、墓地の解約はそのまま離檀につながることもあり、一方的な離檀はトラブルの原因になりかねない。
  • 霊園によっては石材店が指定されていることがある。
  • 親族には、墓じまいや墓地の解約について理解を得ておく

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?