名字を旧姓に戻す「復氏届」の方法を紹介!

スポンサーリンク
姻族関係終了届と印鑑

名字を旧姓に戻すには「復氏届」を出せばOK義理の親との親族関係を終了させることも可

配偶者が亡くなった場合、旧姓に戻すことは可能です。旧姓に戻したい場合は、本籍地か住民票を登録している役所か役場に「復氏届(ふくうじとどけ)」を提出すればOK。
旧姓の新しい戸籍をつくってもらえます。

手続によって姓が変わるのは本人のみ。子どもがいても、子どもの戸籍は配偶者の戸籍に残ったまま、姓は配偶者の姓のままです。

子どもの姓も変更したい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出します。許可されたら、入籍届を提出して、自分の戸籍に移動させれば子どもも旧姓に変わります。

一方、配偶者が亡くなっても、自分と義理の親きょうだいたちとの親族関係はそのまま。義理の父母に「収入が足りない」「介護が必要だ」などの問題が生じれば扶養義務が発生する可能性があります。

親族関係を終了させたい場合は「姻族関係終了届」を本籍地か住民票がある自治体の役所か役場に提出しますが、誰の同意も必要ありません。逆に配偶者の親きょうだい等が「姻族関係終了届」を出すことはできません。

配偶者が無くなった場合の対処法別申請先

名字を旧姓に戻すには?

申請先 残された配偶者の本籍地か住所地の市区町村役場
申請できる人 残された配偶者
提出書類 復氏届
期日 特になし
(国際結婚の場合、亡くなってから3カ月以内。期間を超えれば、家庭裁判所に許可を取らなければならない)

子どもの姓を変更するには?

申請先 子どもの住所地の家庭裁判所
申請できる人 残された配偶者
提出書類 子の氏の変更許可申立書
期日 特になし
備考 家庭裁判所の許可を受けたら、市区町村役場に入籍届を提出し、自分の戸籍に移動させることが必要

義理の家族との親族関係を終了させるには?

申請先 残された配偶者の本籍地か住所地の市区町村役場
申請できる人 残された配偶者
提出書類 姻族関係終了届
期日 特になし

■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房

---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加