【お墓 資料請求】アイキャッチ

初めてのお墓探しで「何から始めたらいいのか分からない」というお悩みをよく耳にします。お墓は一生に一度のお買い物。何もわからなくて当たり前です。

後悔しないお墓選びをするために、まずは幅広い情報を収集することをおすすめしています。

「いいお墓」の正解は、ひとつではありません。
お住まいの地域・家族構成・宗教・予算・ご家族のお墓に対する考え方など、ご家庭事情ごとにベストなお墓選びは異なります。
さまざまなお墓を比較検討して、自分や家族に合ったものを選ぶことが、何よりも重要なのです。

近年では、お墓の種類・価格帯・供養方法は、実にバリエーション豊かになっています。まずは気になったお墓の資料請求をして、霊園や墓地の資料やパンフレットを取り寄せてみましょう。

資料請求を行うことで、たくさんのお墓を比較検討し、自分にぴったりなお墓を選ぶことができるでしょう。

ライフドット推奨
後悔しないお墓のために今から準備してみませんか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。
そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分のライフスタイルに合ったベストなお墓はどういうものなのか知りたい
  • お墓選びで複雑な手順を簡単に詳しく理解したい
  • お墓選びで注意するべきポイントを詳しく知りたい

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。
お墓の購入に関しては、初めての方が多いため、不安や疑問を持つことは仕方のないことでしょう。
しかし、お墓購入後に後悔することだけは避けたいですよね。
そのためにも複数の霊園・墓地を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集することをオススメします。

情報収集するために、まずは気になる霊園・墓地の資料請求をしてみましょう。

お墓の資料請求ができる問合せ先3つ

墓地や霊園を探すには、まずはインターネットで検索し、気になるところの資料を請求をしてみましょう。墓地や設備の写真が掲載されたパンフレット、価格表、一押し区画情報などが届くので、自宅にいながら複数の霊園を選別できます。

お墓の資料請求は次の3つの方法で行えます。

1. 霊園や墓地へ直接資料請求を行う

気になる霊園や墓地に直接連絡して、資料請求をしましょう。
「この霊園が気になる!」とお目当てが決まっている場合はとても有効です。

ただし、比較検討する段階ではあまり効率的ではないかもしれません。
あなたのお住まいの近くには公営霊園、民営霊園、寺院墓地など、たくさんの墓地や霊園があるのかもしれませんが、すべての霊園がホームページを掲載しているわけではありませんし、分かりやすい資料がないというところも少なくないからです。

2. 石材店に資料請求する

お墓探しは、地域の石材店に相談することもできます。
石材店は、その地域のさまざまな墓地や霊園の情報を持っています。もしかしたら、インターネット上には出ていない情報を持っていることもあるでしょう。

良心的な石材店は、地域の墓地や霊園の情報を分かりやすくまとめた資料を用意しているところもあります。

しかし石材店が紹介してくれるのは取り扱い可能な霊園のみに限られてしまいます。

また自社が保有している霊園がある場合、そこを優先的に勧めてくる場合もあるので、勧められるままに流されないよう注意しましょう。

3. お墓情報のポータルサイトへ資料請求する

インターネットでお墓情報のポータルサイトを検索してみてください。
数多くの墓地や霊園の情報が出てくる上に、それらの資料請求を一括で行えるので、墓地を比較検討するにはたいへん便利です。

いきなり墓地や霊園に資料請求したり、石材店に相談するよりも、とりあえずはじめはポータルサイトを利用してたくさんの資料を取り寄せてみましょう。

LINEで気軽に無料相談

あなたの疑問やお悩みにお答えします。こちらからともだち登録してメッセージをお寄せください。

ライフドットとLINEでお墓の相談をする

今すぐお墓選びを始めたい場合は墓地見学の予約をしよう

いますぐお墓選びを始めたい人や、ある程度墓地や霊園の希望が定まっている人は、墓地見学をしたい旨を霊園に連絡しましょう。中には予約が必要なところもあります。

墓地選びは必ず、以下の流れで進みます。

    1. 資料請求
    2. 墓地見学
    3. 申し込み

なお、資料は申し込んでから数日経たないと、手元には届きません。

もしも墓地の希望が決まっているのであれば、資料請求を待たずに直接墓地まで出向いて見学をしましょう。 

なお、ライフドットでは、お墓や墓地の電話相談窓口を設けています。資料請求や霊園見学の申し込みも含めて、まずはお気軽にご相談ください。

ライフドット お墓や墓地の相談窓口

電話問合せ先 0120-907-802(24時間受付・年中無休)

墓地を探す、お墓を建てる際は、まずは資料請求をして複数の霊園を比較することで選択肢が増え、納得のお墓作りに少しでも近づけることが理解できたかと思います。

それでは、次の章では具体的な例をもとに、どのように資料請求をすればよいのか、その手順をご紹介いたします。

【目的別】2つの資料請求方法とその手順

お墓の資料を請求するにも、明確な希望が分かっている人もいれば、なんとなくふんわりお墓について考えている人もいるのではないでしょうか。

そのどちらの人もサポートができるよう、お墓のポータルサイト「ライフドット」のお墓探しには、以下2つの方法があります。

  1. お墓のプロに任せた一括資料請求
  2. 希望条件に合ったお墓の資料請求

日本全国くまなく8,700件以上の霊園情報を持つライフドットには、お墓ディレクター資格を持ったアドバイザーをはじめ、お墓の専門家が常駐しています。ぜひともご利用ください。

お墓のプロに任せて、とりあえず簡単に資料請求する方法

具体的な希望はないけれどそろそろお墓について考えてみようか、という人は、ライフドットにご相談ください。
エリアや予算や希望条件から、お墓のプロであるライフドットのアドバイザーがあなたにぴったりな霊園の資料をお送りさせていただきます。

「ひとつひとつの霊園を探すのは大変」
「自分たちのエリアにどんな霊園があるのだろうか」
「お墓について動き出さないと行けないけれどなかなか忙しくて考えが回らない」

…などのお悩みをお持ちの方は、まずはお気軽に下記の資料請求フォームにお進みください。

自分の希望条件に合ったお墓の資料請求をする方法

もしも希望する条件(地域や価格など)が決まっているのであれば、ライフドットの霊園情報の中から条件に合う霊園を検索して、個別に資料請求をしましょう。
資料請求は次の手順で行います。

「ライフドットのお墓探し」のページからエリアを選択

まずは「ライフドットのお墓探し」のページに進んでください。
日本全国の都道府県からご希望のエリアをクリックします。

市区町村や詳細条件を入力する

さらに細かい情報を入力します。
希望する市区町村をクリックしてチェックを入れます。
また、お墓のタイプ(一般墓、永代供養、樹木葬、樹木葬)や、墓地タイプ(公営霊園、民営霊園、寺院墓地)など、希望する条件があればチェックを入れます。

それぞれ複数選択も可能なので、まずはあまり深く考えずに、希望するものすべてにチェックを入れて行きましょう。

ピックアップされた霊園の情報を見る

希望条件に沿った霊園がピックアップされるので、それぞれ詳細情報を確認しましょう。基本情報、アクセス、価格、設備一覧、そして利用者からの口コミが掲載されています。

資料請求・見学予約をする

気になる霊園が見つかったら、資料請求の申し込みをしましょう。
住所、氏名、連絡先などを入力するだけなので、とても簡単です。

なお、資料請求と同時に見学予約をすることも可能です。プロのアドバイザーとともに現地見学をすることで、より霊園の詳しい情報やアドバイスをしてもらえるでしょう。

見学をご希望の場合は、「現地見学してみたい」という項目にもチェックを入れましょう。
後日、ライフドットのカスタマーサポートよりお電話にて日程調整をいたします。

資料請求をした時の注意点

申し込みから数日後にはお手元に資料が届きます。
複数の霊園の資料が並んだ中から、自分たちによりぴったりな霊園を見つけて行かなければなりません。

送られてきた資料を見る際にはどんな点に注意しなければならないのか。
また、資料が送付されてきたあとは、石材店とどのように向き合わなければならないのか、注意点をまとめます。

届いた資料で必ず見て欲しい3つのチェックポイント

手元に届いた資料に目を通すとき、必ず見てほしいポイントは次の3点です。

1. 価格

自分たちが希望する墓地やお墓がどれくらいの価格なのかを確認しましょう。
ただ価格だけを比較するのではなく、墓地の面積や、お墓の大きさ、どれだけの人数分の納骨が可能かなど、家族にとって必要な条件を満たしているかも確認します。

また、墓地の購入にかかる「永代使用料」や「墓石代」だけでなく、墓地購入後の維持費にあたる「年間管理料」についてもきちんと見ておきましょう。

2. 交通アクセスや駐車場

霊園の場所や、自宅からのアクセス、さらには駐車場の台数など、実際にお墓参りに行く時のことを想定してみましょう。 

3. 設備、サービス

水場やゴミ捨て場、駐車場からの距離、管理清掃が行き届いているかなど、お墓参りしやすい設備が整っていそうかどうかをチェックします。

民営霊園などではお迎えのサービスがあったり、売店が併設していたりしますので、そのようなサービスの有無も、比較すべきポイントです。

自分に合うお墓を見つけるたの比較方法

さまざまな霊園を見比べていると、それぞれに一長一短があります。たとえば、公営霊園は価格も安くてお参りしやすそうだけど人気があって抽選がなかなか当たらない、◯◯寺の墓地は費用も安くて園内もきれいだけどアクセスが悪いなど、さまざまです。

まずは、自分が求める条件が何なのか、条件の優先順位を把握しておくことが大切です。
価格なのか、アクセスなのか、環境の良さなのか。すべてを満たす霊園があればいいのですが、なかなかそうもいきません。だからこそ、優先順位を明確にして、比較する時に判断軸がブレないようにしましょう。

資料請求後に電話がかかってくる場合がある

資料請求をすると石材店から電話がかかってくることがあります。営業というよりはヒアリングの電話なので、内容を聴きとった上でさらにあなたに合った資料を追加してくれたりするでしょう。

ただし、中にはしつこい営業をしてくる石材店がいるのも事実です。もしも迷惑を感じるようなことがあれば、毅然とした態度で対応しましょう。

お墓探しの第一歩は資料請求

お墓選びで失敗しないためには、まずは墓地や霊園を比較検討すること大切です。そのための一番手っ取り早い方法が、お墓の資料請求です。

インターネットで自分の地域の霊園を検索して一つひとつ資料請求をしてもよいのですが、お墓のポータルサイトである「ライフドット」であれば、希望条件に合う霊園の資料を一括で資料請求できるので大変便利です。

資料請求をして比較検討した後は、気になる霊園を見学してみましょう。実際に現地だからこそ分かることというものがありますし、霊園のことを良く知るプロのアドバイザーが霊園をご案内し、あなたにとって最良のアドバイスをいたします。

もしも、届いた資料を読んで分からないことがあった場合には、ライフドット専用の相談窓口までお電話ください。


監修者コメント

監修者
終活・葬送ソーシャルワーカー
吉川美津子

お墓といっても、墓石を建てる「〇〇家の墓」もあれば、納骨堂、樹木葬墓地、んど形はさまざま。さらに納骨形態も合同タイプ、個別タイプなど多様化しているため、選ぶことが難しい時代になっています。例えば石材店に問い合わせると、石のお墓を勧められることになるでしょう。石材店でも、石選びに自信のあるところもあれば、オリジナルデザインを得意とするところもあります。納骨堂、樹木葬墓地は、納骨堂や樹木葬墓地を含めると、プロでも情報がありすぎて最新事情を追いかけることが難しい状況です。

お墓探しは、リアルとインターネット、両方をうまく使いながら検索→見学の繰り返しにつきます。「実際に行って見たら考えが根本からひっくり返った」というケースもあります。

お墓の準備はできていますか?

終活といっても、生前整理、葬儀、お墓の検討などさまざまです。そのなかでも「お墓」は、一生に一度あるかないかの買い物ですね。

  • 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。
  • まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。

など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。

しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。
そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。

当サイトには全国8,700件以上の墓地・霊園情報が掲載されています
費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、
お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。