供養塔とは

供養塔というのは、亡くなった人や祖先の霊を供養するために建てられる石塔のことをいいます。供養塔にはいくつかの種類があり、卒塔婆、五輪塔、宝篋印塔、多宝塔、無縫塔などをまとめて供養塔と呼んでいます。供養塔はサンスクリット語でストゥーパといいます。

供養等は、もともとはお釈迦様が亡くなったとき、お釈迦様の遺骨を分割してそれぞれ各地に埋葬をしたのですが、その際に建てられた仏塔が起源となっています。日本では平安時代の終わりころからはじまって、広く浸透していったと考えられています。

古くは戦や天災や疫病などで一度に多くの命が失われ、引き取り手の無かった遺体や遺骨の供養のために、全国の各地で建てられるようになりました。高野山には数多くの武将など権力者の供養塔が建てられています。

また一般的の家でも、先祖代々続く家庭などではお墓のほかに、供養塔を建てる場合もあります。供養塔を建てる意味には、先祖の霊をより手厚く供養することができると考えられています。

また最近は、古くから続く家などには、お墓や石塔などが数多く残されていることがあり、古くて原型をとどめていないものなどをひとまとめにして新しく供養塔を建て、供養をしていく場合などがみられます。

ただ、原型をとどめていないものなど本当に自分の祖先のものであるかどうか確認が取れないときなどは、勝手に判断はせずに、菩提寺などに相談をしてきちんと調査する必要があります。

また最近はあまり聞かなくなりましたが、本家や分家などの違いによっての供養塔の必要性についてです。本家は先祖代々続くお墓を守るという役割があって、それを継いでいくことがその家系を守っていくことになります。

しかし分家はお墓を守る必要はありませんが、そのため祖先の霊を供養することもできません。その手段として分家として先祖供養塔を建て供養を行います。ただしお墓とは違って特殊な石塔になりますので、価格には大きな幅があります。

供養塔を使用する状況・ケース

供養塔の種類として代表的なものに五輪塔があります。五輪塔は平安時代の中期頃に建てられるようになりました。五つの輪に形は宇宙の五大構成要素をあらわしています。五大構成要素は、宝珠形が空、半月形が風、三角形が火、円形が水、方形が地とされています。親鸞上人のお墓は五輪塔です。

また陀羅尼経という呪文を納めたとされている宝篋印塔(ほうきょういんとう)も供養塔の一種です。宝篋印塔を礼拝する目的は、犯してきた罪が消し去り、苦しみから逃れることができて、長生きができるとされています。

インドから中国に伝わり、日本には飛鳥時代に入ってきたとされています。鎌倉時代には多く造られて、現在でも各地に重要文化財として残されています。

都道府県一覧からお墓を探す

ご希望の都道府県からお墓を探してみることができます。