神式の通夜・葬儀の執り行い方を解説

スポンサーリンク
神式の通夜と葬儀

ポイント:神式の「神葬祭(しんそうさい)」は、仏式の通夜式にあたる通夜祭と葬儀・告別式にあたる葬場祭が行われる。

神式の通夜

神式では、仏式の通夜にあたるのが「通夜祭」です。以前は「通夜祭」と「遷霊祭(せんれいさい)」を2日に分けて行われていましたが、最近では「通夜祭」として一連の儀式として行うのが一般的です。

通夜祭では仏式の位牌にあたる霊璽(れいじ)に故人の御霊(みたま)を移す霊璽の儀を行ったあと、斎主が祭事を執り行い、仏式の焼香にあたる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。 通夜祭が終わると、「直会(なおらい)」と呼ばれる宴席を設けます。

仏式の葬儀は肉や魚は禁じるものでしたが、神式はそうした制約はありません。しかし、喪家で火を使うことはタブーとされているので、仕出し料理、寿司などの出前を利用します。

神式の通夜の流れ

通夜祭・遷霊祭の進行例

  1. 手水の儀
    ※式場の都合もあり、最近はあまり行われない
  2. 斎主入場
  3. 修祓の儀(お祓い)
  4. 霊璽の儀
    故人の御霊を霊璽に移す
  5. 祭詞奏上
    斎主が故人の死を悼む祭詞などを唱える
  6. 献饌
    海、山、川、野の食べ物を祭壇に捧げる
  7. 玉串奉奠
    榊の枝を祭壇に捧げる
  8. 撤饌
    供え物を下げる儀式

神式の葬儀・告別式

葬儀・告別式を「葬場祭」といいます。葬儀は旅立ちの儀式とする仏教とは違い、死を穢れと見る神道では、葬儀を神社で行うことなく、通夜と同様に、自宅か斎場で行います。

神式の葬儀では、着席する前よりに「手水の儀」を行います。

桶の水を柄杓(ひしゃく)ですくって、左、右の順に水をかけて両手を洗い、次に左の手のひらで受けた水で口をすすぎ、もう一度両手で洗って清め、懐紙(かいし) で口と手を拭きます。

神官が入場すると司会者による開式の辞により葬場祭が始まります。葬場祭では、一同が起立をして神官によるお祓い【修祓(しゅばつ)の儀】が行われ、献饌(けんせん)・奉幣などの神儀が粛々(しゅくしゅく)と進められます。

神式の葬儀・告別式

  1. 手水の儀
  2. 神官・遺族入場
  3. 開式の辞
  4. 修祓の儀
  5. 献饌・奉幣
  6. 斎主祭詞奏上
  7. 弔辞・弔電
  8. 玉串奉奠
  9. 撤饌・撤幣
  10. 神官退場
  11. 閉式の辞

玉串奉奠のしかた

玉串奉奠のしかた


■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加