キリスト教式の通夜・葬儀の執り行い方を解説

スポンサーリンク
キリスト教式の通夜と葬儀

ポイント:神式やキリスト教式は葬儀自体の数が少ないので、宗教者や葬儀社によく相談して執り行う。

キリスト教式の通夜

キリスト教式の葬儀にはもともと通夜の儀式はありません。日本は特例として、カトリックでは「通夜のつどい」または「通夜の祈り」、プロテスタントでは「前夜祭」を行います。

いずれも、聖歌・賛美歌の合唱、聖書朗読、神父・牧師の説教、お祈り、仏式の焼香にあたる献花などが行われます。

どちらの宗派も通夜のあとに、聖職者や参列者に茶菓や軽食を出し、故人の思い出を語って過ごすことが多いようです。

キリスト教式では、葬儀は教会が主催するのが一般的です。具体的な準備や進行は、教会や聖職者の指示に従いましょう。

キリスト教式の通夜の流れ

<カトリックの進行例>

  1. 聖歌合唱または黙祷
  2. 聖書朗読
  3. 説教
  4. お祈り
  5. 献香・献花
  6. 結びの祈り
  7. 遺族のあいさつ

<プロテスタントの進行例>

  1. 賛美歌斉唱
  2. 聖書朗読
  3. お祈り
  4. 賛美歌斉唱
  5. 説教
  6. 賛美歌斉唱
  7. 献花

キリスト教の葬儀・告別式

キリスト教の葬儀は教派や宗派によって儀式や式次第が異なります。共通する大きな特徴は本人の意識のあるうちに宗教者を呼び、枕元で儀式を行ってもらいます。

カトリックでは、「病者(びょうしゃ)の塗油(とゆ)【終油蹟(しゅうゆのひせき)】という儀式を行ってもらいます。

また亡くなる直前または直後には、パンとぶどう酒を口に含ませる「聖体拝領(せいたいはいりょう)」が行われます。

プロテスタントの場合も牧師を呼び、「聖餐式(せいさんしき)」を行います。これはカトリックの聖体拝領に相当し、パンとぶどう酒を与え、安らかに天国に召されるようにと祈る儀式です。

キリスト教式の葬儀・告別式の流れ

<カトリックの進行例>

  1. 祈祷
  2. 聖歌合唱
  3. 撒水、撒香
  4. 祈祷・神父の追悼説教
  5. 聖歌合唱
  6. 弔辞・弔電
  7. 遺族代表あいさつ
  8. 一般参列者の献花と聖歌

<プロテスタントの進行例>

  1. 前奏
  2. 賛美歌斉唱
  3. 祈祷
  4. 賛美歌斉唱
  5. 牧師による葬儀の辞
  6. 祈祷
  7. 賛美歌斉唱
  8. 弔辞・弔電

キリスト教の場合・献花

キリスト教の場合・献花


■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加