葬儀の喪主と世話役、決め方とその役割を図解

スポンサーリンク
葬儀喪主と世話役

ポイント:喪主を決めるのは、葬儀の最重要事項。遺族を代表する喪主と、実務をする世話役を決めよう。

喪主を決める

遺族を代表し、葬儀の主催者となるのが「喪主」です。

喪主は、故人と関係の深い人の順で、配偶者、子などが務めます。結婚で姓が変わった子や、子が親より先に亡くなった場合(逆縁)は親が務める場合もあります。弔問を受け、葬儀全般の最終決定を行います。

さらには年忌法要などを行うのも喪主の役目です。葬儀の通知状は喪主の名で出すので、通夜までには喪主を決めておかなくてはなりません。

また、葬儀の運営の責任や金銭的な負担をするのが「施主」です。一般的には「喪主」=「施主」ですが、喪主が高齢だった場合などに喪主と施主、両方を立てることがあります。

世話役を決める

僧侶や弔問客の対応に忙しい喪主や遺族に代わって、葬儀の実務を引き受けるのが世話役です。世話役には「会計係」「進行係」「受付係」「車両係」などがありますが、その中心になる「世話役代表」を 決めておくと、進行がスムーズになります。

世話役代表は実務の責任者となるので、故人や遺族の事情に詳しく、細かい心づかいのできる人が望まれます。

葬儀の知識があり、経験が豊かなら申し分ありません。故人の友人や兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、子どもの友人などから選ばれることが多いようです。

なお、希望すれば、ほとんどの世話役は葬祭業者が引き受けてくれます。

喪主・世話役の役割

喪主・世話役の役割

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索