資料請求はこちら
横浜市鶴見区
検討リストに入れる

神奈川県 / 横浜市鶴見区

大本山 總持寺(総持寺) だいほんざん そうじじ

神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1 地図を見る

大本山 總持寺(総持寺)の霊園種別
寺院
寺院や宗教法人が運営している霊園です。
寺院墓地の利用者は檀家となり、集まった資金で運営されます。
曹洞宗
一般墓
霊園などで見る一般的な墓石タイプのお墓であり、先祖・家族が一緒に入るお墓になります。
子供・孫へと後継者に引き継がれていきます。

曹洞宗の大本山のアクセス良好な霊園です。

大本山 總持寺(総持寺)のオススメポイント

  • 曹洞宗の大本山であり、格式ある伝統と雅が織りなす荘厳なたたずまいとなっており、伝統と文化を感じながら心静かにお参りすることができます。
  • 若い修行僧によって隅々まで手入れが行き渡っている気持ちの良い園内には、各界の著名人も眠っており、總持寺の伝統と歴史を感じられます。
  • JR京浜東北線「鶴見駅」など複数の駅から徒歩圏内に位置するアクセス良好な立地で、車を利用する方も安心の駐車場完備となっています。
資料請求をする(無料)
キャッシュバックキャンペーン

大本山 總持寺(総持寺)へのアクセス

所在地神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1

鉄道・バス・電車の方
JR京浜東北線:鶴見駅
京浜急行本線:京急鶴見駅 京浜急行本線:花月園前駅からのアクセス
・JR京浜東北線「鶴見駅」西口より徒歩約5分 ・京浜急行本線「京急鶴見駅」より徒歩約10分 ・京浜急行本線「花月園前駅」より徒歩約13分
自動車の方
首都高速
・東京方面より 横羽線「汐入」出口 車で約5分(2.5キロ)
・横浜方面より 横羽線「生麦」出口 車で約4分(2キロ)
資料請求をする(無料)

大本山 總持寺(総持寺)の価格詳細

一般墓

区画名 永代使用料 年間管理費 備考
一般墓所 0.54㎡ 1,200,000円~ 1,200円 
一般墓所 1.00㎡ 2,000,000円~ 2,400円 
一般墓所 1.87㎡ 4,100,000円~ 4,400円 
一般墓所 3.00㎡ 7,000,000円~ 7,200円 
一般墓所 4.125㎡ 9,500,000円~ 10,000円 

※上記に墓石費用は含まれておりません。
※表示価格については、改訂・変更されることがあるため実際の価格や区画の空き状況とは異なる場合がございます。
※最新の価格や空き状況の確認、また墓石費用込みの価格等を知りたい場合は、相談・資料請求がおすすめです。
相談・資料請求は「無料」となりますので、まずはお気軽にご利用ください。

資料請求をする(無料)

大本山 總持寺(総持寺)の設備

  • バリアフリー

  • 会食施設

  • 法要施設
    多目的ホール

  • 駐車場

  • 売店

  • 永代供養施設
    奉納施設

  • 合祀墓

資料請求をする(無料)

大本山 總持寺(総持寺)の口コミ

総合評価 3.57件)
60代・男性
60代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
5.0
アクセス
5.0
周辺環境
5.0
設備
5.0
管理
5.0
アクセス
自宅から徒歩で40分、バスなら25分、自家用車では10分で行ける。通常は自家用車で行くが、駐車場は広く不便を感じたことは一度もない。
周辺環境
霊園内の水屋で花や線香を購入できるが、お供え物は購入できない。食事をするところは、徒歩10分程度のところに数件あり、不便さはない。
設備
法要は寺院の設備が充実しているので問題ない。霊園は丘陵地にあり、坂や階段があり、バリアフリーの観点からは問題がある。
管理
曹洞宗本山総持寺なので、掃除や植栽の手入れはいきと届いており管理状況に不満はない。管理事務所がどこという認識はないが、総受付で対応可能と思う。
40代・男性
40代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
3.2
価格
3.0
アクセス
4.0
周辺環境
3.0
設備
3.0
管理
3.0
霊園契約にかかった費用
250万円
アクセス
鶴見駅からすぐ、とても便利なところにあります。横浜市民であれば、いちばん生きやすい墓地・霊園といえるのではないでしょうか。ステータスも問題ありません。
周辺環境
すぐ近くに鶴見駅や鶴見大学があり、とても便利なエリアといえます。鶴見駅には駅ビルがあるほか、駅周辺には、餃子の王将等、チェーン店系の飲食店もあります。
設備
待合スペースや水かけ用の水道、桶等も問題なく装備されており、設備や備品に関しては、まったく問題ないと感じています。足りないものがあれば、すぐ近くでも買えます。
管理
管理状況は問題ありません。いつもとてもきれいに掃除されており、管理が行き届いている印象です。寺のスタッフが常駐しており、親切に対応してくれます。
60代・男性
60代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
3.5
アクセス
4.0
周辺環境
5.0
設備
2.0
管理
3.0
アクセス
自家用車にて東北自動車道経由首都高速道路にて汐入で降りて、一般道路にて現地に到着する経路を利用するか、時間に余裕の時はドライブがてら一般道路を利用。
周辺環境
全て地元のホームセンターにて購入しているので、現地近辺では購入しない。食事等は行き当たりばったりにて、その都度食べたい店を選ぶので、食事処は不定。
設備
自分の墓地近くまで、車で行けるので特に問題は無いが、寺の事務所から本堂までは、バリアフリーにはなっていない。
管理
墓地の清掃管理費を契約していないと、墓地の清掃は自分で行う仕組みとなっている。ごみ箱は満タンにはならずに管理されているようである。
40代・男性
40代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
3.4
価格
3.0
アクセス
4.0
周辺環境
4.0
設備
2.0
管理
4.0
霊園契約にかかった費用
300万円
アクセス
京急鶴見駅が鉄道での最寄り駅になるが、駅からかなり歩くことになるので、自宅から車で行くことが多い。駐車場は広いし、さらにお墓のそばまで入っていくことができるときもある(平日など)。
周辺環境
何しろ大きなお寺なので、花屋などは心配ない。鶴見駅周辺には料理をするところも多く、なじみの店が何件かある。
設備
古い施設なので、この点に関しては心もとない限り。階段の幅が狭い。水屋からかなり歩く。墓地も広々としているとはとてもいえない。
管理
掃除の方はよくやってくれている。水屋には、掃除用具などが揃っているので、まあ、じぶんたちも墓参りの時には掃除するが。
70代・男性
70代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
3.0
価格
3.0
アクセス
2.0
周辺環境
3.0
設備
4.0
管理
3.0
霊園契約にかかった費用
250万円
アクセス
今までは、自家用車で大きい駐車場まで直行できたが、年齢が年齢のため、本年後半の免許証の返納後は、電車で駅から徒歩{20分}かタクシー利用{境内は墓地まで約10分}。
周辺環境
墓地の中ほどに、花や水の設備があり便利ですが、休みの日があるかもしれないので、確認しておかないといけない。
設備
墓石の裏側に小ぶりの木があり、夏には茂るので、秋口の落ち葉等の政争の必要があるので、気を使うところがある。
管理
一応清掃の業者が入っておりますが、行き届いていると言い切れないレベルであり、結局都度清掃用具持参で、季節にもよりますが、平均20分ほどの時間を要します。
80代・男性
80代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
4.0
アクセス
4.0
周辺環境
4.0
設備
4.0
管理
4.0
アクセス
JR鶴見駅から歩く約10分か、車で行くと境内に十分な駐車場があるり駐車場には休憩所、売店があるので便利です。
周辺環境
JR鶴見駅と寺の間に花や、小食堂があります、境内に花やあり、 寺の駐車場に休憩所、売店がありスナツク程度ならそこで済まし、大人数なら寺が対応してくれます。
設備
正式な仏事は寺が対応してくれます、待合質、小本堂、大本堂があります、ます、 普段の墓参には、境内に水屋がありそこで、花,線香、水掃除具があります。
管理
境内の水屋に掃除道具があります、 境内の随所にゴミ箱があるので助かります、 花,線香はJR鶴見駅からの店で買えます、水屋でも普段は線香は買えます。
70代・男性
70代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
5.0
アクセス
5.0
周辺環境
5.0
設備
5.0
管理
5.0
アクセス
自宅から自家用車で、尻手黒川線を使って鶴見駅経由せ総持寺まで。約1時間。お寺の駐車場は日祭日でなければ比較的空きがある。
周辺環境
鶴見駅から総持寺までの間に花屋があり、そこで献花を購入。法事の時は、お寺にかなりの人数で食事のできる設備がある。
設備
待ち合わせ場所も広く、墓石の水かけ用の水道に、桶と柄杓の数も多く、ほうき、塵取りなどの備わっていて、充実している。日祭日以外は、お墓の前まで、自家用車で行けるので便利。
管理
清掃契約をしているため、何時お参りしても、お墓はかなり清掃されている。総合受付の建屋にはトイレも整っている。

大本山 總持寺(総持寺)の詳細

名称 大本山 總持寺(総持寺)(だいほんざん そうじじ)
霊園種別 寺院 区画タイプ 一般墓
宗旨宗派 曹洞宗 ペット埋葬 不可
所在地 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1 大きな地図を見る
設備 香積台(総受付)、三松閣(檀信徒研修道場、各種セレモニーの会場、宿泊施設)、慈峰閣(総合寺務室)
区画数 #NAME?
総面積 500,000m²
経営主体 -
資料請求をする(無料)

お墓を建てる流れ

一般的な継承墓を建てる大まかな流れは、下記の通りです。

  1. 霊園・墓地の情報を収集する(資料請求等)
  2. 実際に霊園・墓地を見学する
  3. お墓を建てる場所を決め、墓地使用権を取得する
  4. 石材店を決める
  5. 墓石とデザインを決める
  6. 契約し納期を確認する
  7. 着工・施工を行う
  8. 墓石工事の完成
  9. 建立式・開眼供養を行う

希望する墓地・霊園によっては指定石材店がある可能性があります。その場合は、指定石材店での発注になります。また反対に、石材店に最初に行くことで霊園・墓地を案内してもらえることもあります。

霊園・墓地を決めるときのチェックポイント

お墓を建てる霊園や墓地を決める際に、チェックした方がいいポイントを挙げました。

  • 宗旨・宗派の制限はあるか
  • 自宅からの距離・交通アクセスはどうか
  • 立地や環境は満足できるか
  • 区画の費用は予算内におさまるか
  • お墓の建立期限があるか

上記に挙げた5つのポイントは、ぜひ皆様に確認してほしい項目です。環境などの確認は実際に現地へ行く必要がありますが、後悔しないために現地見学をするのはおすすめします。

霊園区画タイプについて

一般墓

一般墓は、霊園などの墓石があるお墓のことを指すことが多く基本的には家族が一緒に入るお墓として先祖代々の遺骨が埋葬されています。
新たに墓石を購入してお墓を建てると100万円以上の費用がかかりますが、お墓参りや手入れなど先祖供養がいつでもできます。また自身の代だけでなく、子供、孫へと引き継がれていくので先祖の大切さも伝承できます。

永代供養墓

永代供養墓は、家族・親族に代わって霊園に管理を任せるタイプのお墓です。
年間管理費も不要で、お盆・お彼岸には合同供養もあるなど、金銭面・肉体面の負担がないのが特徴です。ただし、永代供養の「永代」とは永久の意味ではなく、最初、また一定期間での合祀されることが前提です。 合祀後は遺骨を取り出せなくなりますし、親族がいる場合は周囲の同意も必要となるので、身寄りや後世代に負担をかけたくない方向けのお墓です。

樹木葬

樹木葬は一般墓のような墓石でなく、樹木を墓標とするタイプのお墓です。
樹木葬が可能な霊園で区画を確保すれば、墓石タイプの一般墓とも見た目以外での違いは特にありません。墓石に比べて費用も抑えられ、他の方の遺骨と一緒になる合祀型タイプであればさらに安価になります。 また「自然に還る」というコンセプトもある樹木葬は、霊園ではなく自然内の里土タイプの活用やお墓を継承しない永代供養を選ばれる方が多いお墓です。

納骨堂

納骨堂は墓石を設けずに遺骨のみを納める場所のことです。
多くは寺院の境内など屋内にあり、管理面での安心感や改葬・引越し・墓じまいの手間が少ないメリットもあります。また、棚型・ロッカー型・仏壇型、自動搬送型など豊富なタイプから選べ、霊園の区画・墓石を購入するケースと比べても安価で利用できます。 一定期間が過ぎると遺骨は合祀(他の方々の遺骨と共に埋葬)されることも多く、跡取りや継承者がいない方に人気です。

スポンサーリンク