資料請求はこちら
秩父市
検討リストに入れる

埼玉県 / 秩父市

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘 ちちぶしえい ちちぶせいちこうえん

埼玉県秩父市大字山田990 地図を見る

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘の霊園種別
公営
地方自治体が運営している霊園のことです。
経営破綻のリスクが低く、宗教制限もない人気の霊園タイプです。
宗教不問
一般墓
霊園などで見る一般的な墓石タイプのお墓であり、先祖・家族が一緒に入るお墓になります。
子供・孫へと後継者に引き継がれていきます。

宗教不問で、小高い秩父の山に構える公営の公園墓地です。道路に沿って植えられた桜や梅が、スケールの大きさと墓苑の崇高なイメージをより強く演出してくれているのが特徴です。

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘のオススメポイント

  • 秩父市内在住の方専用の申込区画があるのが特徴です。もちろん市街に住んでいる方でも、最大8㎡の広々とした区画を始め、さまざまな選択肢から建墓が可能です。
  • 併設されているレクリエーション施設「メモリアルホール」や、児童交通公園など親族一同で来苑されても、自然を楽しむことができる環境が整っています。
  • 駐車場が完備されており、秩父駅を目印に車で来苑されるのがアクセスとして最適です。当苑は毎年8月16日に開催されている「秩父行灯祭」の会場としても親しまれています。
資料請求をする(無料)

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘の公募案内

公募の予定

聖地公園管理事務所では、毎年約100基程度の墓所利用の受付を行っています。

墓所申込の受付は、先着順にお受けしています。

ご来園いただいた日に、整備ができている墓所の中からご希望に合った場所をお選びいただけます。

応募資格

お墓がなく、ご遺骨をお持ちの方です。秩父市外にお住まいの方も、お申し込みいただけます。

ただし、3種5区の10か所の墓所と4種5区の5か所の墓所については、墓所を必要な方はお申し込みいただけます。

応募区画・料金

墓所の別 種別 広さ 使用料(新たに使用許可を受けるときに1度のみ支払うもの) 管理料
平方メートル 横×奥行 市内に住所を有する方 市外に住所を有する方 年間
普通墓所 第1種 4 2×2 112,000 280,000 2,590
第2種 6 2×3 168,000 420,000 3,880
第3種 8 2×4 264,000 672,000 5,180
第4種 10 2×5 420,000 1,060,000 6,480
第5種 21 3×7 1,050,000 2,625,000 13,600
第6種 32 4×8 1,952,000 4,928,000 20,730
芝生墓所 第1芝生地 6 2×3 300,000 750,000 7,770
(芝種1区~2区)
第2芝生地 4 2×2 200,000 500,000 5,180
(芝種3区~18区)

※金額は平成26年4月1日現在のもので、単位は円です。

申し込みの流れ

お墓の利用許可申請時に必要な書類等

  • 「聖地公園墓所利用許可申請書」 (この用紙は管理事務所に常備しています。)
  • 「申請者の方の世帯全員の本籍と続柄の記載された住民票の写し」 1通 (原本が必要です。)
  • 「印鑑」

※使用料等の納付は、お申込日にはできません。後日に改めてご連絡します。

出典元

http://www.city.chichibu.lg.jp/1205.html
http://www.city.chichibu.lg.jp/1207.html

キャッシュバックキャンペーン

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘へのアクセス

所在地埼玉県秩父市大字山田990

鉄道・バス・電車の方
秩父鉄道:秩父駅 西武鉄道西武秩父線 :西武秩父駅からのアクセス
自動車の方
・秩父鉄道「秩父駅」より車にて約10分
・西武鉄道西武秩父線 「西武秩父駅」より 車にて約7分(西武池袋駅から特急レッドアロー号で80分)
資料請求をする(無料)

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘の設備

  • バリアフリー

  • 会食施設

  • 法要施設
    多目的ホール

  • 駐車場

  • 売店

  • 永代供養施設
    奉納施設

  • 合祀墓

資料請求をする(無料)

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘の口コミ

総合評価 3.08件)
30代・男性
30代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
3.5
アクセス
2.0
周辺環境
4.0
設備
3.0
管理
5.0
アクセス
自宅から朝早くてでゆきクルマで3時間ほど下道をゆっくりと走って行くできるだけみんな家族で向かうようにしているがいかんせん山奥なのでなかなか不便なところも多い
周辺環境
周りはしずかな山間の中で、ちかくには交通公園ぐらいしかないが騒がしいとかいとはちがいとても、のんびりすごすことができる
設備
待合どころが近くにあり公民館のようなところで食事もできる水くみ場などところどころてんざいし、広い園内でもそう探すことなく水が汲める
管理
常時管理されておりますお盆磁気などに行くととてもきれいに整備されている生花などのゴミも落ちておらずゴミ箱の周りもキレイ
50代・女性
50代・女性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
5.0
アクセス
5.0
周辺環境
5.0
設備
5.0
管理
5.0
アクセス
駅などからの送迎バスが出ていますが、自家用車で15分程度のところにあるので、いつも自分で運転をしていきます。車の駐車も問題なくできます
周辺環境
自宅からお墓までの間にドラッグストアーがあり、必要なものが買えます。また食事をする際も近くにうどん屋があるので便利です
設備
お墓が広範囲なので、水かけ用の水道は、各箇所にかなりあり、不便を案じません。木々も多く環境的には明るくきれいです。
管理
管理事務所が近くにあり、お墓周辺の雑草なども、定期的に手入れがされています。またごみ箱等も水道の近くにあり、スタッフがきれいにしています。
50代・男性
50代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
3.2
アクセス
3.0
周辺環境
3.0
設備
3.0
管理
4.0
アクセス
駐車場があるので、自家用車で行く。バスも出ているようですが、どのくらいの頻度で動いているかは不明なため、地元の者は使わないで、自家用車で行きますね。
周辺環境
お墓から歩いて5分くらいのところに、管理事務所があり、そこの前でお花は購入できる。食事ができるところは、少し離れたところにあるのはあるが、歩いてだと大変かもしれないですね。
設備
道路(駐車場も)からお墓までの間は、急な坂を登らなくてはならないので、車椅子の方や年配の方はたどり着くのが大変かもしれないです。給水所は数多くあるので、これは助かります。
管理
お墓周辺の雑草等の手入れは、障害者団体にお願いしているので、とてもきれいにしていただいてます。管理事務所は、あまり立ち寄らないので、よくわからないです。
40代・男性
40代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
2.2
アクセス
2.0
周辺環境
3.0
設備
2.0
管理
2.0
アクセス
山の上にあるため、自家用車で行くのが便利です。普段より自家用車を使用しているため、最寄り駅からの送迎バスや路線バスがあるのかはわかりません。
周辺環境
霊園の管理事務所で花やお線香などは販売されています。最寄り駅周辺の道路には飲食店やスーパーなどはありますが、霊園が山の上となるため、最寄り駅周辺を逃すと食事をする場所はないと思った方がいいです。
設備
霊園内の道路から墓地への間には速攻があり、また墓地は土を削った階段があるだけのため、車椅子での利用は困難。また年配となって足腰が弱った方にとっても、階段には手すりもないため墓石の前まで行くことは困難といえる。
管理
スタッフが常駐している管理事務所はあるものの、霊園自体が広いため清掃は十分に行われているとは言えない。周辺の墓石に枯れた花が生けられたままになっていることも多数見られる。
50代・男性
50代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年8月)
1.4
価格
1.0
アクセス
1.0
周辺環境
3.0
設備
1.0
管理
1.0
霊園契約にかかった費用
870万円
アクセス
西武秩父駅から徒歩ではいけません。タクシーで10分位ですが、自家用車を利用している。ど田舎に有るため大変だ。一般道で自宅から90分位
周辺環境
田舎だから車で走ればホームセンターがあるのでそこで花を調達し、コンビニでお供え物を購入。わりかし食べ物屋は多いのでそのときの気分で選ぶことが出来る。
設備
わりかしこぎれいにまとまっている。休憩所の設計がスッキリとしていて厳かな感じを持ち合わせている。結構園内は坂が急で脹ら脛が張ってしまう。
管理
こまめに整備されてるようでいいよ。スタッフも親切、丁寧で何でも揃っていて花もお供え物もここでまかなえる、田舎だからおちるかねが少ないのだろう。
60代・男性
60代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
4.0
価格
3.0
アクセス
5.0
周辺環境
4.0
設備
4.0
管理
4.0
霊園契約にかかった費用
30万円
アクセス
西武池袋線で池袋から西武秩父まで行き、西武秩父から聖地公園まで、春秋のお彼岸、お盆の時は無料送迎バスが出ている。それ以外の時はタクシー。
周辺環境
西武秩父駅の無料送迎バス乗り場前には、花束、線香が売っている。また、聖地公園管理事務所前でも花束、線香は売っている。聖地公園管理事務所裏には食事処もある。
設備
敷地内にはいくつかの水場があり、花束の入れ物を洗ったりできる。また柄杓、桶もあり、墓の水洗いもしやすい。
管理
芝地の墓石周辺は管理事務所が芝刈りや清掃をしてくれている。年間の管理費は安価で助かる。管理事務所にはお彼岸、お盆の時は花束は売っているので、持参していく必要がない。線香は常時売っている。また食事処は常時営業している。また、無料休憩所もある。8月16日は毎年、あんどん祭りがあり、有料だが墓前にあんどんを飾り、夕方には火を灯してくれる。花火も打ち上げたり、太鼓などの演奏などがあり楽しめる。
70代・男性
70代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
4.5
アクセス
4.0
周辺環境
4.0
設備
5.0
管理
5.0
アクセス
西武鉄道(秩父駅)がありますが、鉄道は利用した事はありません。今迄も今後も自家用車を利用します。自宅から299号線を経由して丁度1時間で着くのでドライブがてら行ってます。
周辺環境
途中に道の駅、農産物直売所があり、墓参り用品を購入できます。もし、買い忘れたものがあっても墓の管理事務所でも買う事ができます。墓参りに行った時には秩父名物の蕎麦屋巡りをしています。
設備
芝生墓地なので、常に管理事務所で芝や植木の手入れをしてくれており、いつも綺麗になっているので満足しています。
管理
芝生墓地は少ないのですが、たなたま芝生墓地が手に入り、後で気が付いたのですが芝生墓地以外の区画された墓地では全て自分で手入れをしている様です。芝生墓地は管理事務所が手入れをしてくれるので助かります。
40代・男性
40代・男性の口コミ
(投稿時期:2018年9月)
3.2
アクセス
1.0
周辺環境
4.0
設備
3.0
管理
5.0
アクセス
自動車で関越自動車道高とローカル線を使って約二時間。電車で行く時は池袋駅からレッドアロー号で秩父まで行き、そこからタクシーで20分程度。
周辺環境
秩父の名産品が帰る道の駅やその他の施設があり、深刻な法事の時以外は遊び感覚で墓参りに行けて良いです。聖地霊園付近は花が咲き乱れ、春先にはちょうど桜の季節となり、花見がてら墓参りに行けます。
設備
祖母が秩父の血が好きで買った墓地ですが、父が亡くなった際に二代にわたって葬られることとなりました。母はそこに入ることが嫌らしく、自分でお墓買おうかしら、なんて言っていますが、そうした方が後々楽です
管理
管理会社によって綺麗に管理されており、雑草や芝などもしっかり駆られています。ただ、トイレが事務所にしかなく、歩行困難を抱えている身としては緊急の事態が起こることを恐れます。

秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘の詳細

名称 秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘(ちちぶしえい ちちぶせいちこうえん)
霊園種別 公営 区画タイプ 一般墓
宗旨宗派 宗教不問 ペット埋葬 不可
所在地 埼玉県秩父市大字山田990 大きな地図を見る
設備 -
区画数 -
総面積 -
経営主体 -
資料請求をする(無料)

お墓を建てる流れ

一般的な継承墓を建てる大まかな流れは、下記の通りです。

  1. 霊園・墓地の情報を収集する(資料請求等)
  2. 実際に霊園・墓地を見学する
  3. お墓を建てる場所を決め、墓地使用権を取得する
  4. 石材店を決める
  5. 墓石とデザインを決める
  6. 契約し納期を確認する
  7. 着工・施工を行う
  8. 墓石工事の完成
  9. 建立式・開眼供養を行う

希望する墓地・霊園によっては指定石材店がある可能性があります。その場合は、指定石材店での発注になります。また反対に、石材店に最初に行くことで霊園・墓地を案内してもらえることもあります。

霊園・墓地を決めるときのチェックポイント

お墓を建てる霊園や墓地を決める際に、チェックした方がいいポイントを挙げました。

  • 宗旨・宗派の制限はあるか
  • 自宅からの距離・交通アクセスはどうか
  • 立地や環境は満足できるか
  • 区画の費用は予算内におさまるか
  • お墓の建立期限があるか

上記に挙げた5つのポイントは、ぜひ皆様に確認してほしい項目です。環境などの確認は実際に現地へ行く必要がありますが、後悔しないために現地見学をするのはおすすめします。

霊園区画タイプについて

一般墓

一般墓は、霊園などの墓石があるお墓のことを指すことが多く基本的には家族が一緒に入るお墓として先祖代々の遺骨が埋葬されています。
新たに墓石を購入してお墓を建てると100万円以上の費用がかかりますが、お墓参りや手入れなど先祖供養がいつでもできます。また自身の代だけでなく、子供、孫へと引き継がれていくので先祖の大切さも伝承できます。

永代供養墓

永代供養墓は、家族・親族に代わって霊園に管理を任せるタイプのお墓です。
年間管理費も不要で、お盆・お彼岸には合同供養もあるなど、金銭面・肉体面の負担がないのが特徴です。ただし、永代供養の「永代」とは永久の意味ではなく、最初、また一定期間での合祀されることが前提です。 合祀後は遺骨を取り出せなくなりますし、親族がいる場合は周囲の同意も必要となるので、身寄りや後世代に負担をかけたくない方向けのお墓です。

樹木葬

樹木葬は一般墓のような墓石でなく、樹木を墓標とするタイプのお墓です。
樹木葬が可能な霊園で区画を確保すれば、墓石タイプの一般墓とも見た目以外での違いは特にありません。墓石に比べて費用も抑えられ、他の方の遺骨と一緒になる合祀型タイプであればさらに安価になります。 また「自然に還る」というコンセプトもある樹木葬は、霊園ではなく自然内の里土タイプの活用やお墓を継承しない永代供養を選ばれる方が多いお墓です。

納骨堂

納骨堂は墓石を設けずに遺骨のみを納める場所のことです。
多くは寺院の境内など屋内にあり、管理面での安心感や改葬・引越し・墓じまいの手間が少ないメリットもあります。また、棚型・ロッカー型・仏壇型、自動搬送型など豊富なタイプから選べ、霊園の区画・墓石を購入するケースと比べても安価で利用できます。 一定期間が過ぎると遺骨は合祀(他の方々の遺骨と共に埋葬)されることも多く、跡取りや継承者がいない方に人気です。

スポンサーリンク