栃木県芳賀郡茂木町にある安養寺。周辺には豊かな自然があふれ、安らぎを感じられる落ち着いた寺院です。

寺院内には永代供養墓と樹木葬の墓所もあり、ライフドットでも情報を掲載しています。

今回は、こちらの安養寺の寺院や墓地の運営について紹介いたします。安養寺の担当者の方の声もお届けしますよ!

安養寺の周辺環境

安養寺から望める山

安養寺は、茨城県笠間市との県境で水戸線「笠間駅」より車で15分程の場所です。茨城県笠間市に接する集落の里山に囲まれています。奥深い寺院の近くには「妖精の森」で知られるミツマタ群生地や、イチゴ狩りが楽しめる「美土里農園」があり、緑あふれる自然豊かな環境です。

また、「道の駅もてぎ」といった家族で出かけられる観光スポットもあるため、お参りと合わせて楽しめます。観光客でにぎわうエリアですが、安養寺に一歩足を入れると、緑豊かな環境を活かした空間に癒しを感じることができます。

安養寺が大切にしていること

ライフドット:安養寺に来られる人への対応として、大切にされていることがあれば教えてください。

安養寺 ご担当者

昨今の御朱印ブームの影響もあり、この安養寺には地元の方だけではなく、遠方からも参拝に来られる方がいます。訪れる方々には、安養寺に安らぎを求める方、切実な悩みを抱えている方がいらっしゃいます。安養寺に足を運んでくださる方々の力になれますよう、安らぎや微笑み、そして幸運を祈っています。

安養寺のお墓に決められる方の特徴を教えてください

安養寺の永代供養墓

ライフドット:さまざまな寺院墓地があるなかで、安養寺を選ぶ方の傾向はありますでしょうか?

安養寺 ご担当者

安養寺には一般の墓所もありますが、少子高齢化の影響や長引く不況が背景にあり、樹木葬・永代供養を選ぶ方が多い気がします。どちらも管理費や後継者が不要、というところを気に入っていただけています。また、それらのお墓は檀家になる必要がないというのも利用してもらいやすい点ですね。

 今後、安養寺のお墓ではどのような展開を計画されていますでしょうか

ライフドット:今後、墓所の運営で予定されていることがあれば教えてください。

安養寺 ご担当者

現在安養寺には、永代供養墓「みんなのお墓」と樹木葬「さくら浄苑」がございます。どちらも安養寺が責任を持って、供養と管理を行う永代供養付きのお墓です。

しかし昨今は、「個別での埋葬を希望しながらも永代供養付きのお墓」や「ペットと一緒に納骨ができるお墓」を求める方が増えています。

安養寺ではそのような方の要望に応えるため、永代供養付きの個人墓やペットと一緒に納骨が出来る永代供養墓を建設予定です。寺院の発展や存続のためには、多様化する中でいかにニーズに答えるかが大切だと思っています。

安養寺のご担当者から、お墓を検討されるお客様へのメッセージ

ライフドット:この記事を読んでらっしゃる方のなかに、お墓を選びで悩まれている方もいらっしゃいます。その方々へ、メッセージをお願いいたします。

安養寺 ご担当者

お墓は、マンションや住宅と違って買い替えや引っ越しが容易では有りません。自身のライフスタイルに合ったお墓を慎重に選ぶことをおススメします。

宗教法人 安養寺の概要

 安養寺の本堂

名称 宗教法人 安養寺
所在地 321-3627
栃木県芳賀郡茂木町小貫1761
交通アクセス JR水戸線「笠間駅」から車で15分
・北関東自動車道「友部インター」から車で約20分
営業時間 8:00~17:00 
※平日は留守になることが多く、土日祝日は9:00~15:00まで住職や職員が常駐
創建 1525年
宗派 曹洞宗
御本尊 阿弥陀如来

安養寺にあるお墓を検討される方へ

ライフドットには、安養寺が管理・運用するお墓の情報を掲載しています。2種類の永代供養付きのお墓タイプがありますので、ぜひ気になる方はお問合せください。


キャンペーン対象 現地見学で最大1万円分のAmazonギフト券プレゼント
安養寺_19823

みんなの評価 5.0  口コミ 1件

お墓タイプ 購入価格
一般墓 お問い合わせください
樹木葬 お問い合わせください
永代供養墓 5万円~
継承者不要 バリアフリー対応
  • 澄んだ空気のなかで気持ちよくお墓参り
  • お墓を継ぐ人がいなくても大丈夫
  • 参拝者に配慮したバリアフリー設計

お墓ディレクターのコメント

奥谷

鮮やかに広がる緑と、開放感のある墓域スペースが美しい寺院墓苑です。スタイリッシュなデザインの永代供養墓や樹木葬など、多様なサービスも魅力の1つです。 … 続きを読む

口コミ評価(1件) 5.0

50代女性 特にそこでトイレを使うこともなくゴミ置き場もご時世でないので持って帰ります。供物もそなえませんし掃除は自分たちでまめに月一でいたします。… 続きを読む