修学院駅周辺のお墓一覧

お墓タイプから選ぶ

1-3/3
  • おすすめ順

  • ランキング順

チェックして検討リストに追加・まとめて資料請求

かみたかのきょうどうぼち

上高野共同墓地

no image
  • 修学院駅から1.9km

  • 京都府京都市左京区上高野釜土町アクセスを見る

檀家になる必要なし永代供養プランあり生前申込できる
墓地タイプ:共同墓地 / 宗旨宗派:宗教不問
お墓の種類:一般墓

おすすめポイント

  • 最寄り駅から徒歩約7分
  • 宗教不問なので誰でも眠れる
  • 陽射しが降り注ぐ

お墓ディレクターのコメント

お墓ディレクターの写真

奥谷

上高野共同墓地は「宝幢寺」が管理しているので、遠方の方も気持ち良くお任せすることができて安心です。 「宝幢寺」では、毎年8月19日の夜に「上高野念仏供養踊」をしています。 1年間その地域で亡くなられた方を偲び、中央に施餓鬼台を設置します。 住職がしっかり回向してくれた後に、念仏を唱えながら浴衣姿の女性たちが踊る供養を大切にしたいものです。

コメントの続きを読む

口コミ評価

みんなの評価
2.2
口コミ1

60代男性近くのお寺が管理してくれていて管理料を何年か分づつ収めている。お寺が時々留守になることがあるときは出直さないといけないので困る。

口コミの続きを読む
お墓の詳細を見る
no image
永代供養プランあり眺めがいい生前申込できる
墓地タイプ:寺院墓地 / 宗旨宗派:宗教不問
お墓の種類:一般墓

おすすめポイント

  • 比叡山も望める緑に包まれた墓地
  • 多くの後利益がある
  • 江戸時代から続くお寺

お墓ディレクターのコメント

お墓ディレクターの写真

小野寺

日蓮宗の道入寺が管理する寺院墓地です。開運厄除の洛陽十二支妙見めぐり(霊場)の第3番、寅(東北東)が祀られており、毎年多くの方が訪れます。最寄駅は叡山本線「修学院駅」で、徒歩約7分というアクセスの良い立地にある墓地です。また、墓地の近くには観光スポット「修学院離宮」という美しい庭園があります。お墓参りの後に訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントの続きを読む

口コミ評価

この霊園はまだ誰からも評価されていません。

no image
檀家になる必要なし
墓地タイプ:公営霊園 / 宗旨宗派:宗教不問
お墓の種類:一般墓

おすすめポイント

  • アクセス良好
  • 静かな里山地にある公営霊園
  • 宗教不問の公営霊園

お墓ディレクターのコメント

お墓ディレクターの写真

小野寺

最寄り駅やICからのアクセスも良好の公営霊園です。また京都洛北の閑静な場所にあるため、落ち着いて故人様とのお時間を過ごせます。お申込みには条件がありますのでご検討中の方は一度お問い合わせください。 ※お申し込み条件※ ・京都市内在住で、住民票により居住が確認できる方(法人名義による申込みはできません。) ・使用許可後、1年以内に石材、コンクリートその他これらに類する資材を用いて、使用する墓地の区画を明示していただける方(京都市市営墓地条例施行規則第8条) ・既に市営墓地を使用されている方は、申し込みできません。

コメントの続きを読む

口コミ評価

この霊園はまだ誰からも評価されていません。

よくある質問

修学院駅周辺にあるお墓のうち、特に上高野共同墓地道入寺一乗寺北墓地が数多くの方に見られており、人気です。

詳しくは、修学院駅周辺お墓情報一覧をご覧ください。

購入費用は、一般墓(墓石のお墓)、樹木葬、納骨堂、永代供養墓など、お墓の種類によってそれぞれ相場が異なります。
各お墓タイプごとの詳しい相場は、修学院駅周辺のお墓の平均費用をご覧ください。
ご予算がお決まりでしたら、数あるお墓情報の中から価格帯を指定して検索をすることもできます。

また、安い予算でお墓をお考えの場合は、京都府の永代供養プランありのお墓情報一覧から、費用を抑えたお墓を探すのもおすすめです。

地図上から修学院駅周辺にあるお墓を選ぶことができます。

お墓探しにおいて、立地はとても重要です。
お墓参りに通うことを見越して、ご自宅近くの立地や、交通アクセスのよい場所で探される方が多いです。

こだわり条件から修学院駅周辺のお墓を探す

お墓の条件を全て表示

叡山電鉄叡山本線の駅一覧

墓じまいと永代供養のお墓探しは、まとめて検討!

墓じまい代行から修学院駅周辺でのお墓探し、供養方法の相談までトータルサポートいたします。

  • 修学院駅周辺おすすめのお墓をご案内
  • 今お持ちのお墓の撤去費用の見積り
  • 墓じまいに必要な行政手続きの代行

墓じまいに関するご相談はこちら

0120-964-790

通話料無料 | 24時間365日受付

ライフドットの墓じまいについて