石割とは

石割とは広い意味で、一般的には建物や墓石などに使うための石材を製造するために、石を割ることをいいます。

また建築用資材として石積み工事に必要な設計を、石材の大きさや形、積むための位置など、割りつけていくことをいいます。ほかに、専門的には石を割るための道具を石割と呼ぶこともあります。

石割をして墓石の素材に使用する石を採取する場合、墓石に使う石というのは、岩山から切り出してきたものを使いますので、その岩山から切り出してきた石の塊に、穴を開けていく作業から始まります。

硬くて大きな石に穴を開けるには、ドリルを使います。きれいに石を割るために、断層に沿わせてドリルを入れていきます。断層に沿わせると、それほど大きな力を使わなくてもその断層に沿って美しく割れてくれるのです。

ドリルの穴は断層に沿っていくつも開けていきます。そしてその穴の中にセリ矢という道具を差し込んでいき、すべて差し込みが終わったら、金づちでセリ矢の頭部を打ち込んでいきます。

打ち込みの音は、最初のうちは高い音がしていますが、次第に低く鈍い音に変わってきます。この鈍い音がした瞬間が、石に割れ目がついた合図となります。

割れ目がついたら、今度はショベルカーで石の割れ目に沿って力を入れていきます。ショベルカーの先端部分で慎重に割れ目に圧力をかけると、石は割れてほしい角度できれいに割れてくれます。断面は平らで、長い間空気に触れていなかったために非常に滑らかで美しい岩肌をしています。

その後、断面を確認していきながら石の整形を行います。地層とは別の角度からのキズが入っていたりすると、割れやすく耐久性の弱い石材となってしまい、建物や墓石には不向きとなるため、これらを排除する作業は特に慎重に行われます。

こうして石割で切り出された石は四角く切断されて、墓石が誕生するのです。

石割を使用する状況・ケース

石割はほかに、儀式としての意味もあります。

お墓を新しく建てるときに、その前に石割の儀式を行います。住宅を建てる際に行う地鎮祭とよく似た祭式で「石割式」といいます。

これから建てるお墓の安全とそこで眠る祖先の霊を祈るために行われる儀式で、墓石を建てる予定の場所の下に、要石を埋め込みます。要石というのは、お墓を守ってくれるというお守りの役目を果たす石で、たいていのお墓の下には、要石が埋め込まれています。

要石は墓石を切り出す際にできた石の破片を使います。ですから埋めた要石の上に建てる墓石と要石は同じ岩石から採取されたものとなります。

石割に関連する言葉

  • 墓石
  • 石割式
  • 要石
  • 祖先
  • 地鎮祭
  • お守り
  • 儀式