遺族基礎年金の受給対象者とは?自分が受けられるか確認しよう

スポンサーリンク
年金手帳と年金機構の封筒

故人が国民年金加入者なら「遺族基礎年金」遺族は、年間78万円+αを受給できる

遺族基礎年金は、故人が国民年金に加入していた場合に、遺族に支払われる遺族年金です。

故人が国民年金保険料を支払っていたか、すでに老齢基礎年金の受給資格を満たしていた場合に、受給する権利が得られます。

遺族基礎年金を受け取ることができるのは、子どものいる故人の配偶者か、故人の子どものいずれかです。子どもの場合は18歳年度末(18歳に達してから最初の3月31日)まであるいは20歳未満の障害1・2級でいずれも未婚であることなどの条件があります。

金額は、子どものある配偶者の場合は、年間78万100円+子どもの加算額(人数ぶん)。また、子どもの場合は、年間78万100円+子の加算額(人数ぶん。2人目以降から)を、子どもの人数で割った額が、子どもたちに支給されます。

子どもの加算額は、1人目と2人目の場合は224,500円、3人目以降が74,800円です。以上の制度は平成27年4月から適用されていますが、たびたび変更があるので、その都度確認するようにしてください。

遺族基礎年金の需給対象者と申請方法

遺族基礎年金を受給できる人は?

遺族基礎年金を受給できる人は?

※子どもの加算額は、1人目と2人目は224,500 円、3人目以降が74,800 円

申請するには?(遺族基礎年金・遺族厚生年金に共通)

申請するには?

遺族基礎年金が受けられなくても「寡婦年金」か「死亡一時金」が受けられることも

遺族基礎年金の条件を満たすことができなかった場合でも、「寡婦年金」か「死亡一時金」のどちらかを受けられる可能性があります。

「寡婦年金」とは、亡くなった夫が、国民年金の保険料を25年以上納めていた場合、60~64歳の妻が受けられる可能性のある年金です。

「10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた」「夫が老齢基礎年金・障害基礎年金を受けたことがない」などの条件を満たしていれば、受給できます。金額は人によって異なります。

また、「死亡一時金」は、故人が、国民年金の保険料を36カ月以上納めていた場合に、故人と生計を同じくしていた遺族が受けられる年金です。

老齢基礎年金・障害基礎年金を受けることなく亡くなっていることがその条件。受けられるのは、順に①配偶者②子③父母④孫⑤祖父母⑥きょうだいとなり、丸数字の小さい人が優先されます。

金額は保険料を納付した期間によって異なり、12万~32万円です。

両方の条件を満たしている場合は、どちらか片方を選びます。

同時に受けられる年金・受けられない年金とは?

寡婦年金を受けるには?

時効:5年

寡婦年金を受けるには?

死亡一時金を受けるには?

時効:2年

死亡一時金を受けるには?]


■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房

---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択

北海道・東北の霊園を知る
関東の霊園を知る
中部の霊園を知る
関西の霊園を知る
中国・四国の霊園を知る
九州・沖縄の霊園を知る

どこの都道府県の霊園情報を知りたいですか?