相続や財産管理のトラブル回避!弁護士への相談内容は

スポンサーリンク
相続、弁護士、相談

この記事の目次

ポイント:複雑な遺産相続などの法律行為を弁護士に依頼することでトラブルを回避!

どんな依頼ができるのか

遺産分割、財産管理、成年後見、遺言書作成および遺言執行などです。例えば、遺言書がなく、不動産・山林・株券など多岐にわたる遺産を相続するケース。遺産分割の調停を申し立て、法律に基づいて相続人が納得できるように分割をします。

遺言書がある場合は、弁護士が遺言の執行者となります。また父親が亡くなり、残された母親が認知症を患っている場合には、弁護士に委任して成年後見開始の申し立てを行うことができます。

このほか、一般人では判断できない相続・財産管理に関する問題が発生する可能性もあります。そんなときには、全国各地にある弁護士会の法律相談センターで相談するとよいでしょう。

国が設立した法的トラブルの総合案内所である「法テラス」(0570―078374)では、適切な相談窓口を無料で案内しています。

できるだけ早い依頼がベスト

法律にふれる事後処理は、被相続人の死亡後、1カ月以内に行うのがベストです。例えば、相続に関しては、相続の限定承認や相続放棄の手続きが必要になる場合があるからです。これらの手続きは、被相続人の死亡後3カ月以内に行わなければなりません。

また、戸籍上の相続人すべての了承を得なければならない手続きが必要な場合もあります。しかし、親族の中に音信不通で連絡がとれない人がいれば、できるだけ早く弁護士を介して行方を捜す必要があります。

どんな準備をして相談に行くか?

弁護士からのアドバイス

相続について弁護士は強い味方になってくれます。といっても、依頼者自身でなければできないことも数多くあります。あらかじめ準備して法律事務所を訪れれば、スムーズに相談でき、早く解決が見込めますから、 その分費用も軽減できます。

どんな準備をして相談に行くか?

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加