よくある質問

法要や供養は家族のうち、誰が取り仕切るのが自然でしょうか?

スポンサーリンク

夫が急逝し慌てて葬儀の手配を進めたのですが、夫の兄弟家族が細かなところまで口出ししてきます。いっそのこと、全て任せてしまいたいとも思うのですが、いかがなものでしょうか。

葬儀や法要などを主催する人を「喪主」「施主(せしゅ)」といいます。

通常、故人の場合には喪主と施主がイコールになりことが多いのですが、社葬など団体葬になると、「喪主」は遺族の代表であり責任者、「施主」は金銭面と運営の責任を負う人、という意味になります。

家族や親戚間で意見が分かれるとき、葬祭業者は「誰が葬儀費用を出すか」という視点で判断するケースが多いようです。

その視点で考えると、スムーズに式が進行するだけでなく清算漏れも防げるからです。しかし家族や親戚間の問題となると、口出しはその後まで続きますので、「面倒なのですべてをまかせてしまいたい」と思うのも当然です。

親戚の意見は可能な限り取り入れるという家もあれば、無視してしまう家もあります。これまでのお付き合いの度合いによっても異なりますから、何が最善の解決案なのか断言することは難しいです。

ただ、こちらが変われば相手も変わる可能性があります。故人に対する尊厳を第一に、何を目的に葬送儀礼が執り行われているのか共有しながら考えてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加