よくある質問

生前にお墓を建てても、相続税を支払うのでしょうか?

スポンサーリンク

墓地の購入には税金がかからないという話しを聞きました。生前にお墓を建てる事で相続税の節税になるのであれば検討したいです。

亡くなった人から各相続人が財産を相続した場合、その合計額が基礎控除を超える場合は相続税の課税対象になります。
ところが墓所や仏壇、神棚、祭具などは、「祭祀財産」といい相続税がかかりません。

これらは売買するものではなく、先祖崇拝やそれぞれの信仰や慣習によるもので価値を量ることができるものではないからです。
そのため、お墓や仏壇を購入する場合、相続税の対象となる財産の中から費用を捻出することになりますが、生前に購入しておけば相続財産の対象にならないということになります。

例えば1000万円の現金が遺産としてある場合、それは相続財産になりますが、あらかじめ1000万円で建てたお墓は祭祀財産という扱いになるわけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加