葬儀のお布施、神式やキリスト教式の場合は?

スポンサーリンク
葬儀のお布施、神式やキリスト教式の場合

神式・キリスト教式でのお礼

ポイント:神式・キリスト教式など、仏式以外の宗教関係者へのお礼も早めに準備しよう。

神式の場合

通夜祭、葬場祭(告別式)、霊祭[れいさい](法要)などのときに、祭祀祈祷(さいしきとう)の御祓(おはら)いをいただいたお礼として、神社・神官に対し、「御祭祀料(御榊料[さかきりょう])」を渡します。

自宅や斎場に来ていただいたときには「御車代」を渡します。仏式と同じように、神官が通夜祭などの接待を辞退した場合は、「御食事料(御膳料)」を包みます。お祭祀料などの金額は神社の格や諸事情によるので、神社や神官に直接聞いてみましょう。

キリスト教式の場合

教会への謝礼は「献金」です。一般的には教会を式場として借りることになるので、そのときに渡します。来ていただいた場合に「御車代」を渡すのは、仏式や神式の場合と同じです。

司式(ししき)してくださった牧師さん・神父さんには「お礼(謝礼)」を渡します。献金に御礼分を上乗せ して渡す場合もあります。オルガン奏者にも別に包みます。

あくまでもお礼の気持ちの表れなので金額は決まっていませんが、牧師さん・神父さんに聞けば、およその金額を教えてくれます。

式の世話をしてくれる信者の人たちには、みんなで分けられるようお菓子などを渡してもよいでしょう。

神式・キリスト教式ともども、お礼は奉書紙に包むか白い封筒に入れ、表書きはそれぞれの宗教にあった名目にするか、シンプルに「御礼」にします。そして、名前を書きます。

表書きの例

神式

神官に対してお礼をする場合、白封筒に「御祭祀料」という名目と名前の表書きにします。

神式

キリスト教式

牧師や神父、オルガン奏者などに対してお礼する場合は、白封筒に「献金」という名目にします。

キリスト教式

神式、キリスト教式のお礼

神式、キリスト教式のお礼

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索