お盆とお彼岸のしきたりとは。新盆は手厚く供養しよう!

スポンサーリンク

お盆とお彼岸のしきたり

ポイント:忌明け後最初のお盆は「新盆(にいぼん)」と呼び、手厚く供養する。

地方によって異なるお盆の期間

盂蘭盆会(うらぼんえ)は、「お盆」の呼び名で広く親しまれています。

古来、先祖の霊が家に帰ってくる日とされ、旧暦の7月13日から16日までの4日間がそれにあたりました。明治になり現在の暦が採用されると、時期が約1カ月早まることになり農作業などに支障をきたすため、多くの地域で8月にお盆を移しました。

いっぽう都市部の東京などでは、日にちをそのまま新暦にうつし、7月にお盆を行います。その他に、現在でも旧暦で行う地方もあります。

一般的に13日の盆の入りには玄関先でおがらを焚いて、先祖の霊を迎えます。 16日は同様に送り火を焚きます。お盆の間は、精霊棚(しょうろうだな)を作り先祖を供養します。

四十九日後、最初に迎えるお盆は特に「新盆(にいぼん)」と呼び、僧侶を呼んで読経をしてもらいます。

新盆は特に盛大な法要を催し、精進料理でもてなします。玄関などに絵柄のない白い提灯を飾る地域もあります。盆行事は地域ごと に独特の風習がありますが、伝統から離れた都市部などでは、お寺や霊園で合同の盆供養を行うところもあります。

新盆を迎え、供養のやり方に迷ったら、葬儀社や霊園に相談するとよいでしょう。

彼岸とは、あの世のこと

彼岸とは、川の向こう側、悟りの世界である、あの世を表します。

彼岸へ渡った故人を供養し、自分たちも悟りの世界へ入れるように修行するのが、本来の「彼岸会[ひがんえ](お彼岸)」です。修行僧でない一般人は、お墓参りをします。

季節の供養

盂蘭盆会(お盆)

期間

7月13日~16日
8月13日~16日(月遅れ)
旧暦7月13日~16日(毎年変わる)

地方によってそれぞれ

迎え火、送り火をたく精霊流し、灯籠流し精霊棚をしつらえる台の上にすのこなどを敷き、お位牌、三具足や鈴を並べ る。故人の好物や季節の果物などを供える。伝統的に、キュウリで馬、ナスで牛を作って供えるが、スーパーでも売っている

盂蘭盆会(お盆)の準備

新盆の場合
僧侶を呼んで盛大に供養する

僧侶を呼んで供養する

お位牌、三具足について詳しく知りたい方は「供養やお供えの基本について解説!」を参照して下さい。

彼岸会

彼岸会

おはぎやぼたもちをいただく。


■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料請求はこちら