故人が厚生年金加入者のときに受給できる制度!対象者や金額を紹介

スポンサーリンク
年金手帳と小銭の入ったがま口財布

故人が厚生年金加入者なら「遺族厚生年金」年金額の4分の3を受給できる

一方、遺族厚生年金は、故人が会社に勤めていて、厚生年金に加入していた場合に、遺族に支払われる年金です。公務員などで共済年金に入っていた場合も、こちらに含まれます。

故人が会社を退職し、老齢厚生年金の受給資格を満たしていた場合にも、遺族は受給する権利があります。

年金を受け取ることができる人は、故人によって生計を維持されていた家族であるのは、遺族基礎年金と同様ですが、範囲は少し広がります。妻や子どもはもちろん、場合によっては55歳以上の夫や父母・祖父母、孫なども可能です。

なお、18歳年度末まで(もしくは20歳未満で、障害1・2級)の子どもか、そうした子どものいる妻は、遺族基礎年金もあわせて受けられます。毎年受け取ることができる年金額は報酬比例の年金額の4分の3です。

会社勤めと自営業の期間が両方ある人の場合、老齢厚生年金の受給資格期間(25 年)を満たしていれば、遺族厚生年金の対象となります。

遺族厚生年金について

遺族厚生年金を受給できる人は?

遺族厚生年金を受給できる人は?

小さな子どものいない妻は遺族厚生年金に、一定金額が加算される

厚生年金の被保険者だった夫が亡くなった場合、残された妻には遺族厚生年金が支払われることはすでに述べましたが、条件によっては、さらに受給額が加算されることがあります。

たとえば、40歳以上65歳未満で、18歳年度末まで(あるいは障害1・2級をもつ20歳未満)の子どもがいない妻は、40歳から65歳までのあいだ、「中高齢の寡婦加算」が加算されます。加算金は、年間58万5,100円です。

夫が亡くなったときは40歳未満だった妻が、子どものいない状態で40歳に達したときも、寡婦加算を受けられます。また、妻が65歳になると、中高齢寡婦加算がなくなりますが、代わりに「経過的寡 婦加算」が受けられます。

いわば、中高齢寡婦加算がなくなることで年金額が下がることをカバーするために設けられた制度で、中高齢寡婦加算の額から老齢基礎年金の満額×乗率(生年月日によって設定)を引いた額が加算されます。

昭和31年4月1日以前に生まれた人に限られますが、該当する人にとっては大きな助けになるでしょう。

中高齢寡婦加算と経過的寡婦加算について

中高齢寡婦加算とは?

中高齢寡婦加算とは?

経過的寡婦加算とは?

経過的寡婦加算とは?


■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房

---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓探しはこちら

都道府県を選択

北海道・東北の霊園を知る
関東の霊園を知る
中部の霊園を知る
関西の霊園を知る
中国・四国の霊園を知る
九州・沖縄の霊園を知る

どこの都道府県の霊園情報を知りたいですか?