洋装が増えている遺族の喪服。子供の場合も解説!

スポンサーリンク
喪服を選ぶ女性

遺族の喪服

ポイント:通夜と告別式の差がなくなり、遺族でも洋装が増えている。やはり基本は黒。

喪服の基本

遺族を代表し、葬儀の主催者となるのが「喪主」です。

以前は遺族であれば通夜は準礼装でも、告別式には礼装を着るものでした。特に喪主の場合はほとんど和服でしたが、最近では場合によって、洋装でも構わないようになっています。

女性の場合

和服は格調高い反面動きにくく、移動の多い告別式では高齢者の中には、気分を悪くする人も出てきます。洋装なら黒のワンピースかスーツです

男性の場合

正式な礼装は羽織・袴やモーニングですが、今はほとんど見られません。通夜でも告別式でも、準礼装のブラックスーツが一般的になっています。

学生や子どもの場合

礼装はまず制服です。制服がなければ、紺やグレーなど地味な色合いの無地の服にします。

なお、身内だけの通夜には礼服の決まりはありません。場合によっては喪服でなくてもかまわないこともあります。

喪服がなければレンタルを活用

急な弔事に喪服が間に合わないときは、レンタルが便利です。ほとんどの葬祭業者で手配してくれます。着物は後始末が大変なので、一式レンタルしたほうが楽かもしれません。

着物や帯、履物などは借りられますが、足袋や肌着など、肌に直接触れるものは自分で準備するのが一般的です。

業者によって、着つけが頼めるところもあります。

親族でまとめて借りるときは、着る人の年齢とサイズを早めに伝えておきましょう。

喪服

女性の場合

喪服(女性)

  • 夏でも七分袖か長袖、透けない素材のもの
  • ひざが隠れるくらいの丈 ・黒いストッキング
    (ナチュラルストッキング、柄入り、タイツも避ける)
  • なるべく薄化粧。濃いマニキュアや香水は控える
  • アクセサリーは結婚指輪のみ
    (真珠もつけないのが正式)
  • 長い髪はまとめる ・光沢も飾りもない黒のパンプス
  • ボタン、バックルは光らない共布 ・布製の黒いバッグ
  • 白のハンカチ

男性の場合

喪服(男性)

  • ネクタイピンはつけない 
  • 白のワイシャツ
  • ブラックタイ
  • 黒のベルト
  • 黒の靴下
  • 黒の光沢も金具もないプレーンな靴

学生・こどもの場合

喪服(こども、学生)

  • 夏は男子なら白のシャツに黒のズボン
  • 女子は白のブラウスに黒のスカートなど

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加