法要の案内状や挨拶、ケースごとの参考例を紹介

スポンサーリンク
法要の案内状例

法要の案内状とあいさつ

ポイント:施主は故人にゆかりの人を法要に招く。ていねいな案内状を出し、当日は丁重なあいさつをする。

案内状例

四十九日

四十九日

●ポイント
時候のあいさつに、「…○○をお喜び申し上げます」という表現は、一周忌ぐらいまでは避ける。法要および会食場所の地図を付けたい。

法要案内状の返信用面例

法要案内状の返信用面例

香典返しの礼状(仏式)

香典返しの礼状(仏式)

香典返しの礼状(神式)

香典返しの礼状(神式)

香典返しの礼状(キリスト教式)

香典返しの礼状(キリスト教式)

※帰天はカトリック。プロテスタントでは召天。またミサを行うのはカトリック。プロテスタントでは、死後1カ月後に記念集会を開く。

あいさつ例

初七日(葬儀・告別式を兼ねる)

初七日(葬儀・告別式を兼ねる)

●ポイント
故人の最期のようすを簡単に説明する。事故などで差し障りがある場合は、事情はぼかして、臨終の日時だけを述べてもよい。

四十九日

四十九日

●ポイント
四十九日は、忌が明ける大切な法要。納骨を合わせて行うことも多い。

一周忌

一周忌

●ポイント
 一周忌を迎えることができた礼を述べる。

三回忌

三回忌

●ポイント
三回忌は、数えで行うので、一周忌の翌年になる。気持ちの整理もついており、ゆっくり故人を偲ぶ言葉をおりまぜたい。

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索