土地家屋調査士に相談!相続した不動産の調査が必要なケースとは

スポンサーリンク
不動産、調査、測量

土地家屋調査士に相談〜不動産の調査・測量が必要になったら〜

ポイント:相続した不動産の現状を明確にして、財産を維持管理するために土地家屋調査士に相談を。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、土地・建物の登記に必要な調査・測量を行う専門家です。登記申請を所有者の代理となってする代行業務も行います。

例えば、不動産の所在・地番・地目・地積・家屋番号・種類・構造・床面積など、登記に必要な調査・測量を行います。

これは土地家屋調査士だけに認められている業務です。

こんなときに相談

では、どんなケースで土地家屋調査士に依頼したらいいのでしょう。代表的な依頼内容としては、隣家との境界線を確定する必要があるとき、調査・測量を依頼して正しい図面を作成してもらいます。

また相続した土地の現状が、登記と違う場合もあります。その場合は「地積更正登記」をするために調査・測量が必要です。

遠隔地に相続した土地があり、登記はしていても現地に境界標がないことがあります。その場合には「境界標」を設置して権利範囲を明確にすることが必要です。

相続財産を管理するためには、境界点に永久標識を設置して境界を維持管理することが大切です。

相続した土地・家屋の調査・測量とは

土地については、登記簿や依頼者からの資料を収集・分析(建物も同様)するほかに

  • 土地の位置、形状、利用状況の調査
  • 依頼された土地、隣接土地の権利関係などの調査
  • 隣接地との境界の調査
  • 確認された土地の測量

などを行います。

建物については、

  • 建物の位置、隣接地などとの関係の調査
  • 建物の種類、構造、階数などの調査
  • 建物の床面積の調査

などの調査をします。

これらの依頼費用については、各事務所が独自に設定しています。そこで、各地の土地家屋調査士会の無料相談会で相談したり、複数の事務所から見積りを取って検討したりと、納得できる選択をしましょう。

もしも境界紛争が起こったら迅速に対処!

もしも境界紛争が起こったら迅速に対処!

●参考資料:東京土地家屋調査士会ADR境界紛争解決センター資料を一部改変

■参照元
改訂増補 親の葬儀とその後事典
---------------------------------
平成20年9月30日 旧版第1刷発行 
平成29年5月26日 改訂版第1刷発行

著 者:黒澤計男 溝口博敬
発行者:東島俊一
発行所:株式会社法研

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域から霊園検索