よくある質問

お墓参りの正しい作法や決まり事はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

お盆に先祖の墓参りに行きました。お墓の掃除をして、お花を飾り、ろうそくと線香に火を灯して手を合わせたのですが正しい順序や間違った墓参りの仕方などがあれば教えて下さい。

お墓参りの方法には、特別な決まり事があるわけではないのですが、一般的に次のような方法で行います。


①寺院境内墓地の場合、まずはご本尊に一礼します。
②手桶に水をくみ、墓所へ向かいます。
③お墓に手を合わせ、墓石と区画内の掃除をしいます。
④お花や供物のお供えをします。水鉢がある場合は、たっぷりと水を注ぎます。墓石にお酒をかけることは、石の劣化につながりますのでお勧めできません。
⑤線香を炊き、お墓参りをします。
⑥後片付けをします。
⑦供物はすべて持ち帰って、皆でわけていただきます。

注意することは次のとおりです。


・タワシで墓石をゴシゴシこするのは、墓石を傷めますので避けましょう。汚れのひどい部分は墓石専用の洗剤で落とします。
・墓石にお酒をかけることは、石の劣化につながりますのでお勧めできません。
・毒のある花は避けたほうが良いといわれていますが、毒を持つ花は案外多いのでさほど気にする必要はありません。
・トゲのある花も避けたほうが良いといわれていますが、近年は故人が好きだったという理由でバラをお供えする人も多いようです。ただし、枯れた花を霊園が処分する際、トゲで怪我をするケースが頻繁に見られますのでトゲはあらかじめ取っておく配慮も必要です。
・ユリなどの花粉はできるだけ取っておきます。墓石につくと色がついて取れなくなることもあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加