専門家への相談で安心!死後の手続き内容と相談先を紹介

スポンサーリンク
相続相談会を開く弁護士

不動産の名義変更、相続人のあいだの紛争……解決したい内容によって依頼する専門家は違う

遺産相続をめぐって、複雑な手続や争いなど、さまざまな難問が持ち上がることは珍しくありません。そうしたときは、司法書士や税理士、社会保険労務士などの専門家の助けを借りるのも1つの手です。専門家にはそれぞれ役割分担があります。

不動産の名義変更は、司法書士しかできませんし、準確定申告や相続税の申告を代行できるのは税理士だけ。相続人同士で争いが起こっている場合は弁護士の担当です。

もちろん、士業の人たちは、たとえばA法律事務所とB税理士事務所、C司法書士事務所とD税理士事務所といった具合に提携することで、業務を補完しあっているので、まずは窓口となる士業事務所に相談してみましょう。

「相続コンサルタント」「相続相談所」などと銘打って、多様な専門家をそろえている事務所もあります。問題が多岐にわたるケースやすべてお任せしたいケースは、こうした事務所も選択肢の1つ。

委託料は、事務所によってもマチマチですが、信託銀行の料金を1つの基準にすれば、高いか安いかを判断しやすくなります。

死後の手続で困ったときは、誰に頼めば良いのか?

司法書士

  • 相続にまつわる不動産などの登記を代行してほしい
  • 会社の代表者が死亡したので、商業登記を代行してほしい
  • 遺産分割調停申立書を作成してほしい
  • 公正証書遺言の証人や遺言執行者を頼みたい

税理士

  • 複雑な相続税の申告書を作成してほしい
  • 相続税を計算してほしい
  • 相続税対策についてアドバイスしてほしい
  • 税務調査の連絡がきたが不安なので立ち会ってほしい
  • 収益物件を相続したが今後の有効活用についてアドバイスしてほしい

社会保険労務士

  • 年金関係の手続を代行してほしい
  • 国民健康保険の脱退、埋葬費の申請手続を代行してほしい

行政書士

  • 自動車の相続手続を代行してほしい
  • 相続人関係説明図等の書類作成

弁護士

  • 遺産分割協議がうまくいかず、裁判をしないと収拾がつかない
  • 公正証書遺言の証人や遺言執行者を頼みたい

■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房
---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加