よくある質問

「永代使用料」と「永代使用権」、「永代供養料」について教えて下さい。

スポンサーリンク

お寺さんにお墓の相談しているのですが、永代使用料とは別に永代供養料が必要だと言われましたが違いがわかりません。なぜひとまとめにしないのでしょうか?

お墓を購入する際には、土地の使用料「永代使用料」がかかりますが、これは永代にお墓を使用する権利「永代使用権」を得るための費用のこと。

永代といっても、あくまで「承継者(継ぐ人)がいる限り永代にわたって使用可」という意味で、継ぐ人がいなくなったら使用することはできません。
承継者がいなくなったら、墓地管理者による一定の手続きを経て墓地は整理されます。

最近、「永代供養付き」をうたっている墓地や納骨堂、樹木葬墓地が増えていますが、「永代供養」というのはお墓のカタチや納骨方法を意味しているのではなく、寺院など管理者が永代にわたって供養・管理してくれるシステムのことをいい、「永代供養料」はそのシステムに対する費用のことをさします。

例えば、一般のお墓に「永代供養付き」とあったら、仮に継ぐ人がいなくなって無縁になってしまっても、その後寺院が供養してくれるシステムになっているというわけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加