よくある質問

檀家になると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

お墓の購入を検討しています。寺院墓地も候補としたいのですが、檀家精度制度がよくわかりません。霊園墓地と寺院墓地、それぞれのメリットとデメリット、長い目で見た時にかかる費用などについて教えて下さい。

檀家とは、寺院に所属する家のことを意味します。

檀家は財施(布施のひとつ)によって寺院を支え、寺院は葬祭供養一切を行う役割があります。

江戸時代、幕府のキリシタン禁制を目的に寺院が宗旨人別帳を管理するようになったことから、檀家制度が確立されました。

もともとは地域コミュニティの中で確立された檀家制度でしたが、近年は墓との結びつきが強くなり、墓地の使用者が檀家という位置づけになっていることが多いようです。
檀家になると、寺院の改築費用、行事ごとに用意するお布施、本山上納金等、さまざまな名目で経済的負担があります。そういった寺院との付き合いが面倒だという理由で、寺院墓地を躊躇する人もいますが、寺院は日々の勤行等を通じて先祖供養をしてくれます。

春・秋のお彼岸しかお墓参りに行けない、年に1回しかお参りにいけないといった場合でも、朝晩毎日寺院が本堂でお勤めをしてくれるわけですから安心できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加