故人名義の自動車を相続する手続きについて紹介

スポンサーリンク
自動車の相続と手続き書類

自動車の名義変更の手続も多くの書類が必要
軽自動車は簡単に名義変更ができる

該当者

故人名義の自動車やオートバイが有る場合

期日

できるだけ早く

故人の名義の自動車やオートバイが有るなら、名義変更をしましょう。自動車の場合は、その車のナンバープレートを交付した陸運局で手続をします。

所定の移転登録申請書のほか、戸籍謄本や印鑑証明書、車庫証明書など、さまざまな書類の提出が必要です。遺産分割協議をしているかどうかで、手続が異なるので、ご注意ください。

名義変更をすれば、自動車税の納税者は自動的に新所有者に変わります。ちなみに、軽自動車の場合は、戸籍謄本や遺産分割協議書などを用意しなくても、新所有者の住民票と認印があれば、名義変更ができます。

もう1つ必要なのは、自動車保険の名義変更です。自賠責保険(強制保険)と任意保険、2つの名義を変更する必要があります。

手続は陸運局に比べると簡単ですが、会社によっては住民票などの提示を求められることもあります。同居の親族のあいだで名義変更をする場合は、保険の等級も引き継げます。

もし保険料を一括で支払い、まだ保険期間が残っていた場合は、そのぶんの保険料を返却してもらえます。

自動車の移転手続きについて

自動車の移転手続はどのように行えば良いか?

申請先 ナンバープレートを交付した陸運局(運輸支局か自動車検査登録事務所)
必要な書類

(共通)

  • 所定の申請書類(移転登録申請書など)
  • 自動車検査証
  • 故人が亡くなったことと、相続人すべてが確認できる書類(戸籍謄本、または戸籍の全部事項証明書)

(相続人全員が手続を行う場合)

      • 相続人全員の印鑑証明書
      • 相続人全員の実印(本人が来られない場合は実印を押印した委任状)
      • 新所有者以外の相続人全員の譲渡証明書

(遺産分割協議で決まった相続人の代表=新所有者が手続を行う場合)

    • 遺産分割協議書(所定の協議書あり。相続人全員の実印が必要。相続する自動車の価格が100万円以下であることを確認できる査定資料があれば、「遺産分割協議成立申立書」でも可能)
    • 新所有者の印鑑証明書
    • 新所有者の実印(本人が来られない場合は実印を押印した委任状
    • 自動車保管場所証明書(=車庫証明書。故人と新所有者が同居なら不要)
手数料 500円(ナンバーの変更がない場合)

メモ:ちなみに、自動二輪は自動車と同様に陸運局で手続をする。一方、50cc以下の原付バイクは市区町村役場で手続をする。これらはいったん廃車手続をしたあと、改めて登録手続をすることが必要。


■参照元
わかりやすい図解版 
身内が亡くなったあとの「手続」と「相続」
---------------------------------
2016年5月10日 第1刷発行
2018年2月20日 第6刷発行

監修者:岡信太郎(司法書士)、木村健一郎(税理士)、岡本圭史(社会保険労務士)
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房
---------------------------------

一口にお墓・霊園と言っても、豊かな自然を背景にしたり、規模や宗派だけではない様々な特色があります。
お住まいの地域・ご実家の近隣などで、どんな霊園があるかご覧になってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加